バツイチの人が恋愛に慎重になる5つのわけ

バツイチの人が恋愛に慎重になる5つのわけ

「好きかもしれないと思う人は結婚している人ばかり。」何故か結婚している人に限って、余裕のある素敵な大人だと思いがちなのは若い女性には共通して言えることかもしれません。となると、結婚した途端モテるようになる、という人が多いのも必然。直接の原因とは言えずとも、若い女性と既婚男性との間に恋が起こりやすいのは離婚率の高さに影響しているかもしれません。

一度愛が実らずに終わり、例えば離婚という形をとると次に人を愛するということにどうしても臆病にならずにはいられません。

もう一度人を好きになってどうするのか?また失敗に終わるのではないか?と思わず自問自答してしまいます。一度離婚をしたバツイチの人が恋愛に慎重になるわけをまとめてみました。



 

バツイチの人が恋愛に慎重になる5つのわけ

 

1.恋する気力が取り戻せない

 自分では大恋愛だと思っていた一つの恋愛が終わると、まるで生きる気力を失ってしまったようになることがありますよね。

どうしてあんな人を好きになって、結婚までしたのか・・と自己嫌悪のように考え始めてしまいます。

もう終わったことのはずなのに過去にとらわれてしまうと人は前に進めません。過去は過去だと区切りをつけるには、人を未来へと連れ出してくれる存在との出会いが必要です。過去が愛に抱かれてはじめて人は前に進めるようになります。現代にそんな素晴らしい愛などあるわけないと諦める必要はありません。あなたの周りにも、あなたを未来へと導いてくれる真実の愛が見つかるはずです。

 

2.自分のことしか考えられない

 人には自分以外にも大切なものがあります。それは、あなたが今生きている世界そのもののことです。世界で起こっていることは、最終的にはあなたの内面で起こっていることです。世界のことなど関係ないとばかりに自分のことばかり考えていると、あなたの人生そのものが姿を消してしまいます。つまり、世界の中で自分が生きているのだということが分からないと、人間は人間ではいられないのです。世界とは、国際社会や地球のことではなく、あなたの心の奥が感じる「生きている場所」のことです。

世界そのものが大きな変化を起こしていると、まずその世界についていかなければ自分の愛も実現しません。一度結婚をして離婚をした、新しい恋をしたいけど中々できないという人、原因はあなた自身のことではなく、あなたが生きている世界を感じることで見つかるかもしれません。

 

3.挑戦を恐れている

恋愛をするということは新しい自分へと変化していくこと。バツイチの人が恋愛に慎重なのは、一度失敗しているため、新しい恋愛をして大きく変わっていくことを恐れているからです。人は恋愛をすると、今までの自分と同じではいられなくなります。大恋愛の時は特にそうです。この人を好きになる前と後では自分自身も人生も変わってしまう、というのが大恋愛の特徴です。一度勇気を出して恋愛に飛び込んで、結婚までしたのにそれが失敗に終わったとなると、また新しい恋をして更に新しい自分になろうとはとても思えなくなってしまうのではないでしょうか。

もう若くもない、などと思わずに新しい恋をしてみましょう。人間は変わらないと生きていけない生き物であり、それは人間が誕生した時から続く生命の法則でもあります。あなたが離婚しても年をとってもこのことだけは変わりません。恋と変化、切っても切り離せないことの2つのことから目を背けずに、新しい人生を生きてみてください。

【スポンサーリンク】

4.結婚した相手よりいい相手はいないと思っている

 お互いを嫌いになって別れた訳ではない場合、「あの人を超える相手はもう自分の元にはあらわれない。」と思います。本当に真剣な恋は人生で一度きりだと思ってしまいます。「別れたけれど、あの人以上に分かり合える人はきっといないはず。」そう思えるほど相性のいい相手と一緒にいられたのは運の良いことですが、あなたにはまだ出会わなければならない人がいるかもしれません。こころの奥と奥が反応し合うような相手があなたを探しているかも?

 

5.若い時とは違う、と思っている

結婚と離婚を経験し、自分もいい年になったな、と思っている人はずっと独身でいた人よりも年を取ったということを気にしがちです。

色々な経験をして当然と言えば当然かもしれませんが、離婚のショックから立ち直れていなかったりすると気持ちが老け込んでいる、ということも考えられます。

当然、恋愛に対しても消極的、「だってこんな歳だし。」と思うかもしれませんが、そう考えるのはまだ早いです。

恋愛に年は関係ない、とは昔から言いますが恋する大人に嬉しい環境が現代には出来つつあります。40代でも50代でも、もう一度恋を、それも幾つもする、というのも珍しいことではありません。せっかく自由に生きられる時代ですので、自分から恋を諦めずにもう一度恋愛に向き合ってみてください

 

いかがでしたか?

バツイチ、といっても現代の離婚率の高さからいうと一度離婚を経験したことがある人は決して少数派ではありません。バツイチだからといって自由に恋愛をしてはいけない訳がありません。

恋愛をもう一度する意味が感じられないというなら、愛のない生活がどんなに味気のないものかを考えてみてください。恋愛だけが愛ではありませんが、恋愛にまさって人生を彩ってくれるものは中々ありません。もう一度心が恋愛に向き合うということが大切です。

 

まとめ

バツイチの人が恋愛に慎重になる5つのわけ

1.恋する気力が取り戻せない
2.自分のことしか考えられない
3.挑戦を恐れている
4.結婚した相手よりいい相手はいないと思っている
5.若い時とは違う、と思っている

LOVEパンダニュース♡
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!

Speak Your Mind

*