デート服でNGと言われている5つのスタイル

デート服でNGと言われている5つのスタイル

デートの時、悩むのが服装ですよね。いくら中身に惹かれたとはいえ、一緒に歩く時の服装は周りの人にどのように映るかも気になるものです。お互いに楽しく過ごすには、多くの人が「ナシ」と思わない服装を心がけると良いでしょう。

男性と女性のファッション感覚は多少違いがあります。デート服を選ぶ時には、相手の好みを知っておくことも大切ですが、わからない段階でのデートであれば特に、基本的なNGポイントを知っておくと困らないでしょう。

今回は、デート服ではNGといわれる5つをご紹介します。



 

デート服でNGと言われている5つのスタイル

 

1.汚れやシミは問題外

 いくらセンスの良い着こなしをしていても、小さくてもどこかにシミや汚れがあった場合は、それだけで冷めてしまいます。出かける前には必ず最終チェックをしましょう。出かける準備の段階で汚れが付く可能性もあります。

また、寒くなる季節の服には何かと毛玉ができやすいものです。日々洋服のお手入れをする習慣を付けましょう。いたるところに毛玉のあるセーターやコートは、たとえ自分では気にならなかったとしても、とてもだらしなく見えます。意外に細かい部分を見られている事を覚えておきましょう。

また、デート中にシミが付いてしまうことが気になってしまうような服装の時には細心の注意が必要です。

 

2.派手すぎる

 デート服を選ぶ時には、女性は女性らしい物を選ぼうと思う方が多いと思いますが、自分がかわいいと思っていても実は人から見ると派手すぎる可能性もあります。デートをする時は特に、ある程度の上品さと年齢相応の大人っぽさ、または若々しさを意識しましょう。

眩しいくらいの原色のトップスや大きな柄のパンツなどは、男性から見ると派手すぎる印象が強いため、一緒に歩く時に目立つことに恥ずかしさを感じてしまう可能性があります。綺麗な色を身に付けるのはとても良い事ですが、できれば淡く優しい色味を選ぶと良いでしょう。

もしも柄物や原色を入れたいのであれば、ポイント使いに留めることをオススメします。

逆に地味すぎるのも不評をかうでしょう。全体的にダークカラーでまとめてしまうと、暗い印象を与えてしまいます。

 

3.個性的すぎる

 服装にこだわりがある人もいらっしゃるでしょうが、デートは2人で楽しむものです。お互いが同じタイプの個性的な服装が大好きなのであれば問題はないでしょうが、どちらかがシンプルなものを身に付ける人であるとすれば、あまりにも個性的なものは避けるのが無難です。

デート服で自分に似合うものを着ていきたい気持ちもあるとは思いますが、少し控えめにしておきましょう。デートの時にはお互いのバランスも大切ですから、ある程度相手に合わせることも必要です。

レースやフリルが付いているかわいすぎる服や、逆に全体的に真っ黒なハード系など、いくら自分に似合っていても相手が合わせにくいと思われる服装は避けましょう。

【スポンサーリンク】

4.デートの場所を考えていない

 デート服は、いつでも同じタイプのものを選べばよいという訳ではありません。寒い季節に長い時間外を歩くようなデートなのに、コーディネート重視で薄着で出かけてしまうと、相手に迷惑をかけることになる可能性がありますし、デートも楽しめません。

しがし、寒いからと言って重ね着をしすぎて着膨れしているようではいけません。

特に女性は、身体のラインが全く見えない服装をすると魅力的に見えなくなってしまいます。暖かいインナーなどを上手く使い、寒さに震えるようなことがないように気を付けましょう。

さらに、デートの際にあまりにも大きなバッグに沢山のものを詰め込んでくることも避けるべきでしょう。重いバッグを持っての移動は大変ですし、デートと言うよりは、仕事や学校を想像させるでしょう。

どこでどのようなデートをするのかを把握して服装を選びましょう。

 

5.露出をしすぎる

 男性の目を意識しすぎてか、それとも単に好みの問題か、どちらにしても露出の激しすぎる服装は相手が気になってしまいますし、周りの目も気になってしまうため不評でしょう。

ミニスカートはスタイルをよく見せる効果もあるとは思いますが、短すぎるものは選ばないようにしましょう。

胸元が開きすぎている服も素敵なデザインの

ものはありますが、足の露出と合わせてしまうとやりすぎ感がでてしまいますので避けることをオススメします。露出するなら、一箇所に絞ると嫌味がありません。

 

いかがでしたか?

デート服を選ぶのは、毎回悩む方も多いでしょう。しかし、男性は男性らしく、女性は女性らしくしておくのが基本です。パンツスタイルが好きな女性も、デートの時はスカートをはいてみると、行動も精神的にも女性らしい雰囲気になるのではないでしょうか。

デートだから張り切ってしまう気持ちもありますが、頑張りすぎないベストなシンプルさを勉強しておくのも大切な事です。デート服の事だけを考えて洋服を購入しろとは言いませんが、ある程度は考慮しておくのもいざという時に慌てないためには大切な事でしょう。

 

まとめ

デート服でNGと言われている5つのスタイル

1.汚れやシミは問題外
2.派手すぎる
3.個性的すぎる
4.デートの場所を考えていない
5.露出をしすぎる

LOVEパンダニュース♡
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!

Speak Your Mind

*