減量方法を間違えることにより起こる5つのトラブル

減量方法を間違えることにより起こる5つのトラブル今様々なダイエット方法がありますが、減量方法を間違える事により色々なトラブルが発生しています。「じゃあ何が正しいの?」と思って色々なダイエット方法を試しても中々上手く行かない、と悩んでいる人もいるかもしれません。

人によって体質も、身長も、すべて異なってきますので、何が正しいというよりかは自分の身体を知って何が必要で何が必要でないのかを正しく理解することがまずダイエットなどの減量方法には必要な知識でしょう。

今回ご紹介するのはそんな、減量方法を間違える事により起こってしまう5つのトラブルについてご紹介します。トラブルを回避する事によって自分に合った方法を見つけられるといいですね。



 

 減量方法を間違えることにより起こる5つのトラブル

 

便秘や肌荒れのトラブル

 ダイエットと言って食べるものを減量しようとして朝食を抜いたり、1日の食事量を極端に減らしてしまう事は禁物です。腸の中の食物繊維は減り、悪玉菌が優勢になってしまうと有害物質が発生する事により便秘や肌荒れ、身体の器官に影響を及ぼしてしまう可能性があるためです。

 特に炭水化物を減量してしまうと、食物繊維がいっぱい入っているので筋肉量が少ない女性にとっては便秘になりがちになってしまいますので気をつけましょう。

 身体がしっかり機能をしないと代謝も上がらず発汗が悪くなり水太りなんて事もありえます。そんな事にならないためにもしっかりと専門の人に聞いて勉強するか、色々と調べてから行うことをおすすめします。

 

痩せづらい体質になる

「ダイエット=痩せる」と勘違いしている人も多いですが、太るのもダイエット、痩せるのもダイエットです。それはその人の身体にあった一番いい体型を維持する事を示しているからです。

 ダイエットをしようと摂取エネルギーを食べ物などで減らした場合、消費エネルギーが上回る場合は確かに痩せる事も出来るでしょう。しかし、消費エネルギーばかりが上回ってしまうと、基礎代謝に必要なエネルギーまでもがなくなり、血流が悪くなって冷え性になったりして痩せにくい体質となってしまいます。

 減量方法や自分に合った摂取エネルギー、消費エネルギーを誤るとこういったトラブルになりますので気をつけましょう。

 

大事な筋肉を落としてしまう

減量方法でもっともやりがちなのが炭水化物ダイエット。テレビや筋肉ムキムキの方がよく「炭水化物を抜いています」というのを見たりしますが、これを真に受けて「やってみよう」とするのはトラブルの元になるので気をつけましょう。

 そもそも炭水化物は人間のエネルギー源であり、しかも脳は糖をエネルギー源としてでしか利用出来ないようになっています。

 つまり、炭水化物を抜いてしまうと脳に糖が回らなくなってしまうのです。もちろん何かあった時のために肝臓が糖を貯蔵しているのでそちらを使う形になるのですが、肝臓の貯蔵されている糖は水も一緒に含まれているので消費する度に水も一緒になくなるため痩せてしまいます。

 「やった!減量できた!」と知識がなく思ったとして「もっと頑張ろう!」としてしまいがちになるのですが、糖がなくなると今度はタンパク質を分解して糖を取ろうとするので結果的に筋肉の元となるタンパク質はなくなり脂肪だけが残ります。

 そして「やったダイエット成功!」と思う頃には脂肪だけが残り、脂肪を燃焼する大事な筋肉がなくなる、その後いくらダイエットをしても脂肪を燃焼するだけの筋肉がなく中々効果が出にくくなる、といったトラブルを引き起こします。

 ご飯などは低カロリーなのにしっかりと食物繊維と糖が含まれていますので抜かずに摂取するようにしましょう。または専門家に聞いて献立を組みながら実施していくのがいいでしょう。

【スポンサーリンク】

リバウンドが起きる

 極端な食事の減量によって起こるトラブルの1つにリバウンドがあげられます。食べる量を減らしているだけ、とノンカロリーのこんにゃくとかだけを食べているのもトラブルの元になります。

 その時は短期でダイエットが出来た、と喜んでしまいますが、それは栄養失調による体重減量で健康的とは言えません。 ダイエットは3食食べてきちんと運動する事でも出来ます。もちろんそれにプラスして食事制限を設ける事でより痩せる事もできるでしょう。

 食事を抜いてしまうと、人間の本能が発揮され、空腹状態で口にしたものからカロリーやエネルギー源を吸収しようとします。なので結果的にリバウンド、もしくは太ってしまった、という事にもなりかねないので気を付けましょう。

 

ストレス過多に

 食べる事は生きることなので、食事を減量してしまったりすることでストレスが過剰になってイライラしやすく自律神経が乱れやすくなるトラブルの原因となります。

 特に女性にとっては生理があるので周期のホルモンのバランスによってイライラしやすくなったり、甘いものをより食べたくなる期間があります。

 そんな時に無理にダイエットをして体重減量のため食事を抜いたりすると余計にホルモンの乱れがひどくなってしまいます。

 いくらダイエットが成功したとしても、にこにこ元気でハッピーでないと人としての魅力が減量されてしまいます。素敵な人と出会えなくなるトラブルの原因の1つにもなりますので気を付けましょう。

 

いかがでしたか?

分かってはいてもついついダイエットやマイナス○○減量しました!という広告を見てしまう人もいるかもしれません。本当に大切なのは正しい「知識」という事を覚えていましょう。また、ダイエットしたいのではなく引き締まった身体が欲しいのだという事を心に置いておいてください。

 

まとめ

減量方法を間違えることにより起こる5つのトラブル

・便秘や肌荒れのトラブル
・痩せづらい体質になる
・大事な筋肉を落としてしまう
・リバウンドが起きる
・ストレス過多に

LOVEパンダニュース♡
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!

Speak Your Mind

*