合コンの自己紹介で気をつけておきたい5つのこと

合コンの自己紹介で気をつけておきたい5つのこと合コンの自己紹介は、自分の事をアピールする大切な瞬間です。第一印象がそこで全く崩れてしまう恐れもありますし、逆に興味を持ってもらうメリットもあるのです。今日こそは、と力を入れている合コンの場合こそ、自己紹介で失敗する事は許されません。

ありきたりな一言で済ませるのは簡単ですが、せっかくの合コンの自己紹介ですから、人とは違った一味を出せるといいですよね。そこで知っておくととても便利な、合コンの自己紹介で気をつけておきたいポイントについてご紹介したいと思います。次回の合コンでぜひ参考にしてくださいね。



 

合コンの自己紹介で気をつけておきたい5つのこと

 

笑顔で話すこと

合コンの自己紹介でまずポイントになることは、その人の表情です。暗い顔をしていたり、下を向いて人と目を合わせられないのは、ちょっと近づきがたい印象を与えてしまいます。合コンは楽しく進行するためにも、自己紹介でその流れも決まってしまうのです。

初対面の人に良い印象を持ってもらうためには、好感が持てる素敵な笑顔で自己紹介をしましょう。恥ずかしがりやさんも、口下手な方もとにかく笑顔があればなんとか好印象を持ってもらえますからね。

表情は男女ともに共通する重要ポイントです。カッコつけようとか、自分らしさを偽って自己紹介するのは避けましょう。良く見せようとするのが、合コンの自己紹介で一番嫌われてしまうタイプですよ。

 

はっきりした口調で話すこと

合コンの自己紹介では、自分が注目される大切な瞬間。ここでしっかりアピールをしないと存在感のないまま合コンが終了してしまうこともあります。そして良い印象を持ってもらうためにも、話すときは大きな声ではっきりとした口調がおすすめです。自己紹介は苦手な方も沢山いますよね。どんなことを話したらよいか、考えすぎてしまうと態度にもついつい表れてしまいます。

そこで緊張しやすい方は、話し方に注意をしましょう。下を向いてぼそぼそ小さい声で自己紹介してしまうと、印象付けることができなくなります。合コンの自己紹介は第一印象として残りますので、なるべく元気で明るいイメージを付けるように工夫してくださいね。

 

名前絵を覚えてもらう

合コンの自己紹介は自分の名前を覚えてもらうためにも大切です。面白い人やルックスがいい人はそれだけも得ですよね。でも普通は大勢のなかで自分をアピールするには色々な工夫が必要です。特に名前を覚えてもらうことは、印象付けとしても効果的です。ではどうやって一発で名前を覚えてもらったよいのでしょうか。

まずは名前の漢字の書き方に注目してみましょう。語呂合わせのように覚えてもらう方法や、「本当はうるさいですが、名前は『しずか』です」など、性格と名前のギャップを利用してもよいでしょう。またはニックネームを強調して、親近感を持ってもらうこともよい方法ですね。合コンが終わったあとでも、自己紹介で印象が残っている人はいつまでも話題になるので有利ですよ。

【スポンサーリンク】

面白い自己紹介をすること

合コンの自己紹介は初対面の人にアピールする最大のチャンスです。そこでちょっとでも気の利いた内容で自己紹介ができると、印象付けとして効果抜群です。特に合コンはグループで楽しく進行したい空間ですから、楽しい人はとても有利ですよね。そこで面白い自己紹介でアピールしてみましょう。

「唇の厚さが芸能人の○○に似てるとよく言われます」とか、「背が低くていつも子供に間違われます」など、コンプレックスを逆手にとってお笑いに変える方法があります。さらに見た目から想像できないような特技をアピールする事も楽しいですよね。女性の場合、どこから見ても派手な人が実は本屋さんで働いているなど、意外性を面白く紹介する事もポイントになります。

 

目立ちすぎるのはNG

合コンの自己紹介では、あまり無理をしてすぎて目立つのは逆にNGになります。他の人よりも長く自己紹介の時間を取ってしまうことや、自分の学歴や仕事を自慢してしまう人、どれほど自分がモテるかなど、思わずドン引きされる瞬間です。マニアックな趣味や大学時代のゼミの話など初対面の人に共感できる点が少ないと、自己紹介をしても聞き流されてしまう可能性があります。

そして誰も興味をもたいない政治の話や宗教など、場違いな話も合コンではなるべく避けたいですよね。自分ばかり注目して欲しい、という態度では合コンではあまりウケがよくありません。今までなんども合コンで失敗している人、もしかしたら自己紹介でつまづいているのかもしれませんよ。

 

いかがでしたか?

合コンではそれぞれが素敵な出会いを期待して参加しています。自己紹介は自分の印象をよくするために大切です。その場限りの合コンでなく、その後も関係を進展させるには限られた時間内で自分らしさを十分に発揮することです。

そのためには、最初の自己紹介で自分に興味を持ってもらえるようなアピールをしないといけないのです。合コンであまり話を出来なくても、自己紹介で強い印象が残っていれば後日また会いたいと思ってくれるかもしれません。色々な角度からアプローチする為にも、まずは自己紹介で自分らしさをだした存在感を出しておくことがポイントですね。

 

まとめ

合コンの自己紹介で気をつけておきたい5つのこと

・笑顔で話すこと
・はっきりした口調で話すこと
・名前を覚えてもらう
・面白い自己紹介をすること
・目立ちすぎるのはNG

LOVEパンダニュース♡
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!

Speak Your Mind

*