復縁のメールをする時に気を付ける5つのこと

復縁のメールをする時に気を付ける5つのこともう一度あの人と復縁したい、あの人とやり直したいと思っている人もいるのではないでしょうか。または「あんな人別れて正解」と思っている人もよくよく心に手を当てて聞いてみると違った答えが浮かんでくる場合もあるでしょう。

普段の生活の中で過去付き合った事のある人が今も心を占めている時、前に進みたいのに喉に小骨が刺さっているようなむず痒い感じを覚えている人もいるのではないでしょうか。

一歩踏み出して過去と決着をつけるには相手に自分の心を伝えることがとても大切です。伝えられないと悩んでいる人もいるかもしれません。どうぞそんな自分を責めることはせず今はタイミングではないのだと思い受け入れましょう。そこで、復縁をしたいと思った時にメールを送りる時に気をつける5つの事についてご紹介します。



 

 復縁のメールをする時に気を付ける5つのこと

 

過去の延長の話をしない

復縁のメールをする時に気をつける事は過去の延長の話をだらだらしないという事。一度切れた縁はいい意味で二度と戻ることはありません。今新たに決意して復縁をするというならば、新しい今の自分と新しいその人と新しい「縁」を結ばなくてはいけません。

なので、復縁をする時に重い言葉で「あの時は...」なんて話をし始めたら相手は引いて逃げてしまうので気をつけましょう。相手が同じ波長を持っていたら会話にもなるかもしれませんが、縁が一度切れてしまえばお互いに新しい道を歩んでいるので色んな「気」が混じり新たな一歩を踏み出すので波長が一緒になるという事があまりありません。

 ただし、あなたが復縁したいと思う気持ちが起こってくるという事には意味がありますので、あくまでも自分主体で相手をどうこうせずに言いたいことややりたい事、を伝えましょう。

 

相手の話を聞く

復縁のメールをする時に気をつける事はメールの内容は相手の話を聞くメールにすること。今どんな状況で、メールをする余裕があるのか、もしくはすでに相手がいて過去を思い出したり、今の現実に持ってくる必要がないくらい幸せなのかどうか。復縁をしたいとメールをするのは自分主体なのでもちろんそれはいい事ですが、恋愛は相手ありきの事だという事は念頭におくようにしましょう。

そういったメールの中に相手を思いやる気持ちがなかったり、過去は自分のものだったという言い回しになると相手も不機嫌な気持ちになるので気をつけましょう。

 

恨みつらみ妬みを言わない

復縁のメールをする時に気をつけたいのが「恨みつらみ妬み」を言うこと。大好きな人だから復縁したいと思う分大好きな人だから余計に憎らしくなったりする気持ちも湧いてくるでしょう。そんな時はその気持ちを抑えたりしないで自分自身の中で精一杯感じきってあげて、相手には伝えないようにすると一番自分自身が磨かれる事です。

盛り上がったり、盛り下がったりする感情を小鳥のように可愛いねと受け入れてあげて、否定もせず、かといって左右もされずに、これからどうしたいのかという将来を見据えて冷静に判断していくと自ずと相手の心もみえてくるでしょう。

【スポンサーリンク】

未来の話をする

復縁のメールをする時、「未来の話」をするようにしましょう。つまりは過去の話ばかりに囚われないようにしましょう。復縁を果たした二人が陥りやすいのが過去の経験を持ち出して「あの時も」という言葉を出すこと。過去は変えられないけれど、過去に起きた出来事に対しての解釈は変えることができます。それを成長したというのではないでしょうか。

 復縁のメールをする時も「あの時はこうだったけれど、今はこう思う」といった前向きな内容になるのがいいでしょう。

 

経験を糧とする

復縁のメールをするときに気をつける事は「喧嘩のタネになることを言わない」という事です。過去の経験から、相手がどんな性格で自分がどんな性格なのかがわかると思うので、その経験をプラスに変えて、相手と良好な関係を結べるように自分でこれから先ずっと努力していきましょう。

 メールをする時もそうですが、実際に相手とあって過ごす時間全部、過去と同じことはしないと決めることです。実際に復縁をしようと思う時にはすでに成長した自分であれば、過去とは違った人生を歩むようになっています。それは経験から自分が成長して考え方が変わり行動が変わるからです。行動が変わると習慣が変わって性格も変わりますので、復縁した相手とまた一緒になった時に過去を引きずるという事はまずないでしょう。

 そういった心配をしている人はまだ過去の自分を「今」に持ってきている可能性があるので気をつけましょう。

 

 いかがでしたか?

復縁をしたい相手にメールをするときに気をつけるポイントを分かっていただけましたでしょうか。どんな別れ方をしたとしても自分から復縁をしたいということはとても勇気がいるもの。まずその一歩を踏み出した自分を褒めてあげましょう。

 

まとめ

復縁のメールをする時に気を付ける5つのこと

・過去の延長の話をしない
・相手の話を聞く
・恨みつらみ妬みを言わない
・未来の話をする
・経験を糧とする

LOVEパンダニュース♡
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!

Speak Your Mind

*