痛い女と呼ばれる女性の7つの特徴

痛い女と呼ばれる女性の7つの特徴自分は絶対大丈夫と安心していても、周りからは痛い女と思われてる可能性があるかもしれません。がんばりすぎてる痛い女やちょっとズレている痛い女など、特に男性からみると絶対に彼女にしたくないタイプのようです。

自分ではそんなつもりでなくでも、知らないうちに痛い女化している場合もあるのです。そこでぜひ注意をしたい痛い女と呼ばれる女性の7つの特徴についてご紹介したいと思います。

自分にはまったく関係ない、と安心してしまう人ほど可能性が高いですよ。この機会にぜひセルフチェックしてみましょう。まさかと思う結果があるかもしれません。



 

痛い女と呼ばれる女性の7つの特徴

 

キャラクターグッズに囲まれている

痛い女の特徴として同性からも引かれてしまうのが、キャラクターグッズが大好きなタイプです。好きなキャラがあること自体には全く問題はありませんが、それがエスカレートして自分の持ち物やファッションにまで影響してくると、完全に痛い女として周囲からは判断されてしまいます。

キャラクターのアクセサリーや洋服、小物類などをとても大切に、しかも見せびらかしてしまうほど勘違いしている痛い女。女性なら多少は年齢にあったセンスや一般常識で考えないといけませんね。

 

自分のことを名前で呼んでいる

痛い女に共通するのが、自分のことを名前で呼ぶことです。それをとても可愛いことだと勘違いしているようで、特に男性から見ると急に冷めてしまう瞬間です。子供ならまだしも、大人になってまで自分のことを名前で呼ぶのは、まだ成長していないのか、甘やかされて育ったのか、もしくは正真正銘の痛い女かもしれません。

本来ならば自分のことは「私」や「あたし」と呼ぶ女性がほとんどです。名前で呼ぶこと自体受け入れたくありませんが、さらに「ちゃん」付けになるとかなり行き過ぎですよね。

 

無理な男言葉を使う

女性のなかには、さっぱりした性格の男性的な女性がいます。しかし痛い女の場合は、性格的なことよりも自分のイメージを男に近づけたいという目的があり、言葉使いを無理やり男言葉にしている人がいます。

「早くしろよ!」「やめろよ!」などの乱暴な言葉使いは女性である以上決して似合いません。この痛い女のタイプは変なところだけを男性化させるため、うまくバランスが取れない中途半端さが残っています。メイクやファッションは女性らしさを演出しながらも、態度だけが男化しているのです。

 

流行遅れのセンスを持っている

かつての流行をいまだ忘れられない痛い女がたまにいますよね。ファッションの一昔前の流行をいまだに勘違いして取りれている人は、自分の身なりに興味がないのではなく、完全に勘違いをしているのまです。いまだに受け入れてもらえるだろうという気持ちがある場合や、昔の流行がどうしても忘れる事ができない痛い女など、女性ならば多少はセンスを磨くことが重要ですよ。

流行ばかり意識する事はありませんが、時代の流れにそったファッションをしないと男性からもドン引きされてしまいます。

【スポンサーリンク】

メイクが時代を感じる

痛い女と呼ばれる女性には、年齢層が30代、40代の人も多く存在します。その世代の女性のなかにはかつて流行したメイクをいまだにしている人もいます。太い眉毛やきつめのパーマ、濃い色の口紅などはかなり時代を感じますよね。男性が初対面で思わず距離を置きたくなる女性のタイプです。

女性の年齢層によってその世代の特徴がファッションやメイクでわかります。自分を綺麗に引きたたせるためにはどんなメイク方法でもいいのですが、せめてその時代にふさわしいメイクにして欲しいですね。

 

無理な若作りをする

痛い女と呼ばれてしまうのが、自分の年齢に合わない無理な若作りをするタイプです。年甲斐もなくミニスカートを履いたり、無理なスキニーパンツを履いたりすることは、決して若作りではなく痛い女として見られるだけです。

さらにひどい場合は自分よりもかなり年齢差のある若い人達と無理に行動をともにしたがる痛い女もいます。ここまでくると見ているほうも辛くなってしまいまね。気分をいつまでも若く持つことは大切ですが、見た目を無理に変えることは諦めましょう。

 

清潔感がない

痛い女のなかでも清潔感がないタイプは友達としても大変迷惑です。彼氏ができるとかできない以前の問題で、マナー違反でもあります。不潔な印象がある女性は異性からはもちろんですが、同性からも引かれてしまいます。

髪の毛が汚れていること、同じ洋服を何日も着ていることなど、女性としてはありえないのです。この手の痛い女は自然と自分の周囲からも人が離れてしまいます。どんな人からも受け入れられないタイプになるので、自分でしっかり把握しないといけませんね。

 

いかがでしたか?

ご紹介した痛い女と呼ばれる特徴に心あたりはありませんか?痛い女は決して嫌われる女ではありません。性格がよくてもちょっとした勘違いが痛い女となってしまうのです。

そこでぜひ自分を振り返ってみましょう。自分の身の回りに必ずいる痛い女、それはもしかしたら自分のことかも知れないのです。恥ずかしい思いをする前に痛い女にならないように注意してくださいね。

痛い女は自己主張が強い事も特徴です。しかし決してカッコいい自己主張でなく、変な目立ち方をするために周囲に馴染めないことも特徴です。気になるポイントはいますぐに改善です。

 

まとめ

痛い女と呼ばれる女性の7つの特徴

・キャラクターグッズに囲まれている
・自分のことを名前で呼んでいる
・無理な男言葉を使う
・流行遅れのセンスを持っている
・メイクが時代を感じる
・無理な若作りをする
・清潔感がない

LOVEパンダニュース♡
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!

Speak Your Mind

*