感性を磨くために出来る5つのコツ

感性を磨くために出来る5つのコツ

自分の感性を磨く努力をした事がありますか?

「感性」を辞書で引いてみると「外界からの刺激を直感的に印象として感じ取る能力」とありますが…簡単に言えば、ベートーベンの音楽を聴いて「好き」「嫌い」というのは“感情”「これはベートーベンの交響曲第○番で○○をテーマにした曲だ」というのは“知識”「なんだか悲しい感じの曲だな」というのが感性です。

 

人それぞれ違う感性を持っている事こそ人間の面白さとも言われますが、ではその感性を磨く為にはどうすればよいのでしょうか?今回は感性を磨くために出来る事をまとめてみました。



 

感性を磨くために出来る5つのコツ

 

1:なぜ感性は必要なのか?

 誰もが素敵な大人になりたいと思っていますが、その為には感性が重要な役割を果たします。

物事を敏感に感じ取って、その中に何らかの意味や関係性を見出し、さらに想像性を高めていく能力が感性です。言い換えれば、美しいモノを見たり、美味しいモノを食べたりした時の感動を自分の生活や仕事の中で活かしていく事ができる能力が感性なのです。

何か新しいモノに出会って感動して、自分自身で何かを生み出す事ができる人は、その場に踏みとどまる事なくどんどん先へ進んで行く事ができます。才能とは違い誰もが持っているのですが、感性を磨く事をせずそのまま放っておくとどんどん鈍くなっていきます。

植物に水や肥料を与えないのと枯れてしまうのと同じで、感性も様々な体験を通して磨いていかなければ育ちません。興味のある事は積極的にやってみて、日々感性を磨く努力を忘れないようにしましょう。

 

2:日々の変化を見つける

 幼い頃からの様々な体験を通して感性は磨かれていきますが、この育ち始めた感性にさらに磨きをかける為にも、自分に関わる全ての物や事に疑問を持つ事が大切です。

それが自分にどんな影響を与えるのか?どんな結果になるのか?を考えてみて下さい。常日頃からあらゆる事に疑問を持つようになると、それが自分にとっての日常なのか非日常なのかが明確になり、少しでも変化を見つけると違和感を感じるはずです。

これが感性を磨く事にもつながり、どんどん磨かれていくと自分で何かを作り出す能力がアップします。

日常生活の中で本を読んだり映画を観たりして、情報を沢山取り入れてみて下さい。そこで感じた事を自分なりに分析する事が感性を磨く事につながりますよ。

 

3:本物に触れるコト

 「本物」というのは偽物の反対という意味の本物ではなく、一生懸命に生きている人や一流を極めようとしている人、目標を達成する為に日々活動している人、魂や想いがこもったモノに感動する出来事といった事です。

それらと出会う事によって感じる五感や、心の底から感動する事は感性を磨く事につながります。

さらに、自分自身も好奇心を持って本物に触れて、本物を目指すように日々精進する事が更に感性を磨く事になり、人生を面白くしてくれるでしょう。

【スポンサーリンク】

4:旅に出る

 楽しみながら脳を刺激する最も良い方法は旅行です。しかも行った事のない場所への旅行がおすすめです。

言った事がある場所では癒し効果はあっても新しい刺激はありませんが、始めていく場所に行けば、触覚、嗅覚、味覚などの五感が刺激されます。また自分の事を誰も知らない旅先で自然を感じたり楽しまなければ、脳をリフレッシュする事はできないので、良い刺激を受けるのが難しくなります。

旅行に行くという事は環境が変わるだけではなく、自分の考え方を変えたり感性を磨くという意味もあります。旅行に行く前と受け止め方が変われば、戻ってからも日常の中で新しい発見があるはずで、それが旅の醍醐味でもありますよね。

一番刺激をもらえるのは、海外への1人旅です。国内ではどうしても見慣れた風景ばかりで安心してしまいますが、海外なら何かあった時に自分で切り抜けなければなりませんよね。そこでさらに感性は磨かれるでしょう。

それをやり遂げた達成感や満足感から、全ての事に対してのやる気につながる効果もアップしますよ。

 

5:感動する

 感性が豊かな人は、色々な物事に対して常に感性のアンテナを張っています。他の人が何も感じないような事に「なぜこんなに素晴らしいんだろう」「どうやったらこうなるんだろう」などと感動しながら考える力を養っているので、他の人とは違ったアイデアを創造する事ができるのでしょうね。

例えば、ディズニーランドへ出かける事も感性を磨くためには良いんですよ。行く前の、夢の世界に行ける!というワクワク感が楽しみを与えてくれて、実際に行って体験する楽しさは最高に感動させてくれます。

ワクワク感という好奇心からの感動という、感性を磨くのに最も良い場所かもしれませんね。

 

いかがでしたか?

自分には感性がないから…という人もいますが、感性は誰にでも備わっているモノで、感性を磨く事ができるかできないかで変わってきます。

ご紹介したような方法で、楽しみながら感性を磨くのはどうですか?

是非参考にしていただけたら嬉しいです。

 

まとめ

 感性を磨くために出来る5つのコツ

1:なぜ感性は必要なのか?
2:日々の変化を見つける
3:本物に触れるコト
4:旅に出る
5:感動する

LOVEパンダニュース♡
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!

Speak Your Mind

*