告白をメールでする時に気をつける5つのポイント

告白をメールでする時に気を付ける5つのポイント

告白をする時、当たり前ですが緊張しますよね。では、メールで告白するとなると、その緊張は和らぐでしょうか?少し気が楽かもしれません。しかし、告白をメールでする場合、面と向かっての告白や、電話で直接話したりするのとは少し違って、気持ちが会いてへ伝わりづらい場合があるでしょう。

ですが、ゆっくり考えて気持ちを伝えられるし、相手も時間をかけて考えて返事ができる、というメリットもあります。そこで、メールで告白するのならどのような事に気を付けると良いのか、5つのポイントをお伝えしたいと思います。



 

告白をメールでする時に気をつける5つのポイント

 

1.短い文章で、わかりやすく

言いたいことはたくさんあっても、どのくらい好きなのかなどを切々と語られてしまうと、多少ではあっても恐怖感を与えかねません。さらに、いろいろなことを長々と書いてしまうと、結局のところ何が言いたかったのかが伝わらずに終わってしまう可能性があります。そうなることを避けるためには、なるべくシンプルに、かついきなり[好きです!」などと、思いをダイレクトにぶつけるという訳でもなく、文章にするのがベストです。

「この前は楽しかったですね」などの多少の前置きをして、気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。また、ほんのりと告白に対する返事がほしい旨を伝えておくといいでしょう。また、実際に送信する前にメールの内容を読み直してみましょう。客観的に読んでみて、くさいセリフなど、相手が引いてしまうようなことを書いていないか確認してみてください。

 

2.絵文字や顔文字は極力使わない

本気で告白しているのに、顔文字や絵文字を入れてしまうと、どうしても真剣さが薄れてしまいます。できる限り絵文字、顔文字、デコメールなどは使わずに済ますのが良いでしょう。顔文字を使わなくても笑顔やドキドキ感は伝わると思いますよ。

 

3.文章は固めにする

仲良くなってからのメールの告白であっても、あまりにもフランクな内容だと本当に真剣に告白されているのかが伝わりづらくなります。あまりにも真面目すぎる文面も考え物ではありますが、「付き合ってくれなーい?」のような文章にしてしまうとふざけて送っているのかという印象を与えかねません。

仲の良い間柄ならなおさらそう思われてしまう可能性があります。少し恥ずかしいかもしれませんが、ここは真剣さを伝えるために、やや固めの文章で告白するのが良いでしょう。また、少し謙虚に「会って伝えるべきなのだけど」などと前置きをしてみるのも良いです。真剣だということが伝われば相手も真剣に返事を返してくれるのではないでしょうか。

【スポンサーリンク】

4.時間帯に気を付ける

相手の忙しい時間や就寝間際なのにメールを送ってしまうと、どうしてもゆっくり見てもらえなくなる可能性があります。忙しければ、もしかしたら忘れられてしまうかもしれません。また、迷惑な時間にメールを送ってしまうと印象も良くありません。

できる事ならば、相手のゆっくりできる時間帯をわかったうえで、その時間に送信するのがオススメです。ゆっくり内容を見られる時間に読むことができた方が印象に残りやすいですし、相手もゆっくり考えて告白への返事をすることができるでしょう。相手の都合のいい時間帯がわかっていれば、メールをしてから「電話をかけても良いですか?」などと聞いてみる、というような事も可能になります。

 

5.返事は待つこと

告白のメールを送ってから、返事か来ないからといって再度お伺いのメールをするのはなるべく避けましょう。「メールを見てないのかも」とか「届いてないのかも」と思ってしまうかもしれませんが、もしも相手が間違いなくメールを読んでいて、まだ返事に悩んでいるとしたら…そんな時にダメ押しでメールが来たりしたら重く感じてしまうでしょう。

さらには鬱陶しく感じてしまう可能性だってあるのです。不安になるのもわかりますが、なるべくならもう一度送信してみようという気持ちをぐっと押さえてできる限り待ってみましょう。

 

いかがでしたか?

告白は直接会ってするのがベストかも知れませんが、昔から「恋文」などというものもありますから、メールで本当の気持ちを伝えるにはどういう言葉で伝えれば一番いいのかよく考えてから送りましょう。告白自体を怖がって、しないで後悔するよりよっぽど良いのです。メールで告白したとしても、会った時にもう一度気持ちを伝えるのもいいかもしれません。

そうすればしっかり思いが伝わるので相手にも安心しますよね。また相手の返事がどういうものだったかに関係なく、きちんとお礼はするべきです。その相手と今後どのような発展があるかわかりません。後にもっと仲良くなれるかも知れないのですから。

また、メールでの告白は少し簡単思えますが、出会って間もないあまり知らない相手にしてしまうと、受け入れられにくいと思いますので、多少仲良くなってからの方が良いでしょう。

 

まとめ

告白をメールでする時に気をつける5つのポイント

1.短い文章で、わかりやすく
2.絵文字や顔文字は極力使わない
3.文章は固めにする
4.時間帯に気を付ける
5.返事は待つこと

LOVEパンダニュース♡
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!

Speak Your Mind

*