伝えるならこれ!告白の言葉6選☆

伝えるならこれ!告白の言葉6選☆

告白の言葉はたくさんあります。しかし必ず成功する言葉というものは、残念ながらありません。どうしても伝えたいから告白するのですから、この際成功するかどうかは気にしすぎず行動してみましょう。

また、告白の言葉も大切ですがそれまでのプロセスも大切です。出会ったばかりでいきなり告白されても相手は動揺するだけですし、何の前触れもなければ返事に困ってしまいます。相手の立場や気持ちも考えて告白の準備を整えておきましょう。

では、どのような告白の言葉なら相手に伝わるのか、ご紹介したいと思います。



 

伝えるならこれ!告白の言葉6選☆

 

1.「好きです」

 王道ですがやはり、ストレートな告白の言葉が一番でしょう。いつもふざけあっている相手などなら、しっかりと真剣な表情で告げられたら、ドキッとしますよね。

格好を付けて回りくどい言い方をしたり、言いたいことがたくさんあるからといって長々と前置きをしても、結局何が言いたいのか伝わりにくいのです。多少のアレンジがあっても、思っている事をわかりやすく素直に言葉にする事が大切です。わかりにくければ相手も返事のしようがありません。最初にはっきりとストレートに言っておく方がいいでしょう。

脈がありそうな相手なら「付き合ってください」まで言えば、返事がしやすいでしょう。

 

2.「あなたじゃなきゃダメなんです」

 特別な存在だということが良く伝わります。共通の仲間がいる方なら、特に伝わりやすいでしょう。他の人も周りに居るけれど、あなた以外には考えられない、という事ですから、相手も嬉しいでしょう。

その人なしでは生きられないような、切羽詰まった感じが告白の相手にとってはグッとくるのではないでしょうか。「一緒に居てあげたい」思ってもらえれば成功はすぐ目の前です。

但し、そこまで深く知り合っていない人への告白の場合は、気持ちが伝わりずらいかも知れません。相手のと関係がどれくらいなのかによって選ぶと良いでしょう。

 

3.「こんなに好きになったのは初めて」

 今までで一番好きなんだという気持ちが伝わりやすいですよね。それほど好きという事ですから、相手にとっては特別な感じが嬉しいでしょう。

この気持ちが今までにはない感情であり、他の人では得られないのですから、唯一無二の存在ということです。そんな風に思ってくれる人が他にいるだろうかと思ってしまいませんか?

人によっては、今までの経験と比べられている感じを受けるかも知れませんが、逆に、比べものにならないほど好きになってしまった事が伝わる可能性もあります。このような告白の言葉は、相手の性格や環境を見極めて選ぶと良いでしょう。

【スポンサーリンク】

4.「~だから、好き」

 相手のどんなところが好きなのかを伝えると良いでしょう。特に内面的な良いところ、好きになったところを伝えるのが効果的です。自分の良いところをしっかりと見てわかってくれている人がそばに居てくれることは心強いですし、安心感も生まれます。

自分の事をそんなに見ていてくれたんだ、という思いが幸福感を与えるでしょうから、相手にとっても大切な存在になる可能性がありますし、自分の事をわかってくれる大切なパートナーになれるかも知れないと思ってもらえるでしょう。

その時は断られたとしても、いい関係を続けられる可能性も高いです。

【スポンサーリンク】

5.「いなくなったら困る」

 他人に必要とされることは人としてとても嬉しい事です。自分がそばに居ないと困ると言われたら多少好意を持っている相手なら、いてあげようかな?という気になる可能性があります。

また、できる事なら離したくない、という必死さと気持ちがしっかりと伝われば相手も大切にしてもらえるだろうと思うでしょう。

しかし、相手によってはその必死さに恐怖を覚える可能性もありますから、これまでの相手とのプロセスや関係性をよく考えて判断しましょう。

 

6.「好きになっちゃった」

 人を好きなるのは、自ら考えて決める訳ではないですよね。どうしても止められない思いがあるということが伝わりやすいでしょう。

好きになろうとして好きになったわけではない、溢れる思いが伝わるのではないでしょうか?やはり、何を言おうかあれこれ考えるよりも、わりやすい言葉の方がいいということです。

また、はっきりした返事を期待するのであれば「彼(彼女)にしてもらえないかな?」などと控えめに付け足してみるのも良いかもしれません。

 

いかがでしたか?

告白はとても緊張するものです。それは当たり前の事ですから、相手に伝わるくらいの緊張感をもって告白の言葉を伝えればいいのではないでしょうか。どうか胸を張って告白の言葉を伝えてください。

真剣な気持ちが伝われば、相手も真剣に返事をしてくれるでしょうし、結果がどうあれお互いの大切な思い出にもなります。

適当な会話の流れなどで言うよりも、しっかりと環境を整えてから伝えた方がいいでしょう。どんな返事が返ってくるか怖いかも知れませんが、ふざけていては相手も返事をする必要がないと思ってしまうかもしれません。

また、相手の方の返事に時間が必要ならば、焦らず待つのも思いやりです。それに可能性は0%ではなありません。

 

まとめ

伝えるならこれ!告白の言葉6選☆

1.「好きです」
2.「あなたじゃなきゃダメなんです」
3.「こんなに好きになったのは初めて」
4.「~だから、好き」
5.「いなくなったら困る」
6.「好きになっちゃった」

LOVEパンダニュース♡
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!

Speak Your Mind

*