怖い夢を見るのはもう嫌…怖い夢を見る6つの心理

怖い夢を見るのはもう嫌…怖い夢を見る6つの心理とは怖い夢を見て夜中に汗だくでガバっと起きてしまった…なんて経験ありませんか?今回はそんな怖い夢を見る心理についてまとめてみました。

夢は未来を暗示していると言われていますが、怖い夢はどんなことを意味しているのでしょう?



 

怖い夢を見るのはもう嫌…
怖い夢を見る6つの心理

 

怖い夢を見る原因

ストレスが溜まって毎日が辛いと感じていると、その心理が夢にも反映してしまいます。特に寝る前にそのような事を考えていると怖い夢を見る傾向が強いでしょう。

夢は潜在意識の表れとも言えるので、実生活でストレスを抱えていると夢の中でそれを解消しようとします。しかしストレスの度合いが強い場合は精神的にダメージを受けて、もはや潜在意識でも回復できないほどの疲労感が出てしまいます。

特に寝る直前はその日にあった出来事を思い出す人が多いようですが、そうする事で夢の中にストレスを持ち込んでしまいます。ゆっくりと入浴したりマッサージをしてリラックスする事で神経の疲れを和らげてからベッドに入ると良いでしょう。

 

何らかの問題を抱えている

 順風満帆な幸せな生活を送っている人が怖い夢を見るケースは非常に少ないです。やはり心のどこかに問題を抱えていて、それがストレスとなっている心理が怖い夢につながっているのでしょう。

仕事や人間関係、人に言えないようなストレスを抱えていると、身体は疲れていても脳は常に休まらずある程度覚醒した状態で眠っているので、眠りが浅い「レム睡眠」になります。夢を見るのはレム睡眠の時と決まっているので、まずはぐっすりと眠れるような工夫が必要でしょう。

 

トラウマが原因

 過去の恐怖体験や悪夢がトラウマとなっている方は、それがフラッシュバックという形で夢でよみがえってくる事があります。潜在意識の中に恐怖や不安と言った心理があると、それが夢にも反映されてしまうのでしょう。

これはPTSDという病気の症状とも考えられています。虐待やDVなどの被害にあった方は毎晩悪夢にうなされて眠れないという人もいるので、あまり頻繁に同じような夢でうなされたり定期的に怖い夢を見る時期がおとずれるという方は、カウンセリングを受けてみるのも良いでしょう。

 

体の異変を暗示している

 潜在意識である夢は感情に対しても敏感に反応します。少しでも心理的にストレスを抱えれば反応するように、身体の状態に対しても同じように反応するのです。自分の身体が少しでも異変を感じている時は、夢でその危険性を知らせようとわざと怖い夢を見せて警告してくれるのでしょう。

例えば怖い夢を見て寝汗をビッショリとかいていれば水分が不足しているのが原因ですし、寝る直前に何か食べた場合は胃がムカムカして眠りが浅くなり、身体の異変を訴えて怖い夢を見やすくなります。神経質な方は寝る前にトイレに行って手を洗い忘れただけで怖い夢を見るケースもあります。これはばい菌が繁殖するのを恐れている心理が原因でしょうね。

【スポンサーリンク】

お酒の飲みすぎ

 怖い夢の意外な原因が、お酒の飲みすぎです。

お酒を飲んで酔っぱらった状態でそのまま寝てしまうと、レム睡眠とノンレム睡眠のリズムが崩れて脳が混乱を起こすので怖い夢を見やすくなります。

特にいつもよりも飲む量が多くて数時間たっても酔いが醒めなかったり、自分の限界を超えるほど飲んでしまった時には、リズムバランスが確実に崩れるので、怖い夢を見る確率も格段に上がるでしょう。

適度に気持ち良い程度に飲んで、さらに時間をおいて酔いが醒めてから寝ると、深い眠りになってほとんど夢を見ないで熟睡する事ができるでしょう。

 

怖い夢を見ないようにするには?

 まずは眠りの質を高める事です。熟睡する事ができれば脳は夢を見たりせず休息してくれるので、怖い夢はおろか夢自体見なくなるでしょう。枕を変えたりアロマキャンドルを利用するなど、自分なりに工夫してリラックスして眠りにつく習慣を付けましょう。アルコールや中枢神経に作用する治療薬を飲むと、睡眠が浅くなるので注意が必要です。

深刻な悩みを抱えているなら、自分だけで抱え込まず信頼できる人に相談してみるのがおすすめです。心の中に溜め込んでいてはその悩みが大きくなるばかりなので睡眠にも影響してくるでしょう。

もし悩みや不安がないのに怖い夢を見るという方は、自分の寝ている状態に問題がないか考えてみて下さい。寝苦しい体制で寝ていると怖い夢を見る原因になりますし、寝る前にパソコンやゲームをするのも夢に影響されやすいようですよ。

 

 いかがでしたか?

怖い夢を見た時は、目覚めも悪く気分も良くありませんよね。しかし怖い夢を見る時の心理状態には何か原因があるので、それを改善すればきっと見なくなるでしょう。

ご紹介したような心理に心当たりのある方は、是非自分なりの解決法を見つけて乗り越えて下さいね。

 

まとめ

 怖い夢を見るのはもう嫌…怖い夢を見る6つの心理

・怖い夢を見る原因
・何らかの問題を抱えている
・トラウマが原因
・体の異変を暗示している
・お酒の飲みすぎ
・怖い夢を見ないようにするには?

LOVEパンダニュース♡
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!

Speak Your Mind

*