メールで告白をする時に気を付ける5つのこと

メールで告白をする時に気を付ける5つのこと

メールで告白しようと思っている人も多いでしょう。メールは最近では気楽に使えるコミュニケ―ションツールとして誰もが活用していると思いますが、告白をする時にもメールを利用する人が増えているようです。

本当の事を言えば、告白をするのであれば直接顔を合わせてするのがベストでしょう。しかし、怖いし恥ずかしいしで、告白をしないまま時間がたってしまうよりも、メールであっても告白する方が、恋人同士になれる希望が持てるでしょう。告白の仕方は直接、また電話などもありますが、それそれにメリットもあればデメリットもあります。

今回は、メールで告白するのであれば気を付けたいことをまとめてました。



 

メールでの告白は成功する確率が低いことを考慮する

 

メールでの告白は成功する確率が低いことを考慮する

直接の告白と違い、メールでの告白はお互いの顔を見る事がありません。告白する人もされる人も、お互いに相手の表情がわからない状態。メールは文字のみでの会話ですから、相手の気持ちがわかりにくいと言えるでしょう。

また、相手を前にすると断りにくく、さらにその場で返事をしなくてはいけない雰囲気もあり、メールと比べれば、直接の告白の方が気持ちの度合いが低くてもOKしてもらえる可能性は高いです。

メールの場合は返事を焦らず、じっくり考え答えを出すことが可能ですから、少しでも気になる部分があると良い返事がもらえないかも知れないのです。

このような事を考慮したうえで、メールで告白をするための作戦を練ることが必要でしょう。

 

メールで告白、大切なのはタイミング

 告白を成功させたいのであれば、どのような手段での告白もタイミングが大切です。特にメールで告白するのであれば相手の気持ちがどの程度自分に好意的かをしっかりと考慮する必要があります。

顔を合わせない分、断りやすいメールでの告白ですから、成功したいのであればそれなりの自信ついた頃がオススメです。早すぎれば良い返事がもらえない確率が高いですし、遅すぎれば他の人に先を越される可能性もあります。

さらに、ほとんど言葉を交わしたこともないのに、いきなりメールで告白などをすれば、まず間違いなくNOの返事がくると思っても良いでしょう。

 

送る時間帯も大切です

 メールの返信や開くタイミングというのは人それぞれです。夜にならないとメールをじっくり読まない人や返信しない人、または、メールが来るたびに取りあえず開く人など、すべての人に当てはまる良い時間帯というものは存在しないと言っても良いでしょう。

仲良くなるために、普段からメールのやり取りをし、返信が比較的早く来る時間帯を探っておくと良いでしょう。

忙しい時間帯に不意に告白メールを送っても、万が一見逃してしまっては意味がありませんし、取りあえず開いたとしてもしっかり読まないまま時が過ぎてしまう可能性があります。

この辺が、メールでの告白の難しいところでもあるでしょう。送った後で1人悶々としないためには、時間帯を間違えないようにすることです。

【スポンサーリンク】

もしも何の返信もなくても、催促はしない

 メールで告白をしてから、相手の人にすぐに何かしらのアクションを起こしてもらえれば、取りあえずは次の行動を取ることができます。

しかし、何日たっても返信もその他の連絡も来ない場合、きっと気になって催促のメールをしたくなるでしょう。

もしも、相手が返事に困っていたり、返信する気すらなかったとしたら、催促されればいい気持がする人はいないはずです。「もしかしたら、見てないのかも」「届いてなかった?」などと思ってしまうかも知れませんが、催促をするメールを送るのは細心の注意をはらわなければなりません。

十分な日にちを開け、間違っても相手を問い詰めるようなメールはしてはいけません。メールをするとしても、まずは告白の事とは関係ない内容で接してみる方が安全でしょう。

また、「考える時間が欲しい」などといわれた場合にはなおさら放っておくことです。その間、告白について真剣に考えてくれているということは、告白したあなたの事を考えているのと同じです。辛抱して待つことをオススメします。

 

メールの告白も長い話は真意が伝わらない

 告白をする時、多くの言葉を使って相手に思いを伝えようとすると、本当に伝えたい部分がまるで伝わらない場合があります。

またあまりにも深刻にいろいろな事を伝えようと一生懸命になる事で、むしろ相手に恐怖感を与える可能性もありますし、人によっては鬱陶しく思うでしょう。

さらにメールの場合、文章を読むことが面倒になることも考えられますし、結局一番大切な部分を見落としてしまったり、また長すぎる文面を見ただけでうんざりして読まずに閉じてしまうこともありえます。

たくさんの伝えたいことは後日にとっておいて、メールの内容はシンプルに、また、本気かどうかが疑われるため、絵文字や顔文字は使わず、言葉使いも丁寧なものにしておくと良いでしょう。

 

いかがでしたか?

告白をする時にはどのような場合にも緊張しますよね。本当に相手を思い、気持ちを伝えたいのであれば、どのような手段でも嫌な気持ちはしないでしょう。

大切なのは告白の後、もしも良い返事がもらえなかったとしても、腹を立てたり悲観的にならない事です。告白の後の対処の仕方で、これから先の好きな人との可能性が大きく変わるでしょう。

一度の告白を断られたとしても、その後も友達付き合いができるようにしておくことで、いいタイミングが訪れることもあるのです。

 

まとめ

メールで告白をする時に気を付ける5つのこと

・メールでの告白は成功する確率が低いことを考慮する
・メールで告白、大切なのはタイミング
・送る時間帯も大切です
・もしも何の返信もなくても、催促はしない
・メールの告白も長い話は真意が伝わらない

LOVEパンダニュース♡
Twitterをフォロー♪

Speak Your Mind

*