男友達が恋愛相手に変わる6つのきっかけ

男友達が恋愛相手に変わる6つのきっかけ

男友達を恋愛の対象に見たころはありますか?

友達として仲良くしていても、恋愛関係に絶対にならないということはないと思います。男性と女性がいれば、自然と友達以上の好意を持つこともありますが、友達としての付き合いが長ければ長いほど、恋愛相手としてみることができなくなることも多いですよね。

しかし人の感情というのは、どこで変わるかわからないものです。

今まで仲良く友達付き合いをしてきた男友達を、恋愛相手として見るきっかけとはどのようなものでしょう?そのきっかけを6つあげてみたいと思います。



 

 男友達が恋愛相手に変わる6つのきっかけ

 

1.本人からのアピール

 今まで何も考えずに遊んでいた相手から、わかりやすくアピールを受けることで、急に意識し始める人も多いのではないでしょうか?

仲の良い他の友達からの人伝いに聞いてしまったり、または上手くいかせようと周りが動いてしまうような状況よりも、本人からの直接のアピールが一番です。本人から何のアピールもなく、周りだけが盛り上がってしまうパターンも多々あります。

しかし、相手からすれば、本当の気持ちが全くわからず、どう対処していいか戸惑ってしまいます。そのような事は男友達が恋愛相手に変わるきっかけにはなりにくいでしょう。断ることも受け入れることもできずに困ってしまいます。

 

2.異性としての魅力を感じた時

 男友達と言えども男性です。お互いに気にしていない時は異性として意識していないかも知れませんが、ふとしたきっかけで異性として意識してしまう時があれば、恋愛対象として考えるきっかけになるでしょう。男性が男らしく見える時、また女性がとても女らしく見えてしまうということは、その相手が恋愛相手に変わっても違和感なく関係を築ける要素です。

お互いが異性としての魅力を感じることは、恋愛関係にとって必要な事でしょう。

 

3.落ち込んでいる事に気づいてくれた時

 落ち込んいる時は誰でも人に頼りたくなるものです。そのような事を簡単に表に出せる人もいれば、表現できずに頑張ってしまう人もいます。落ち込んでいる事をいち早く気づき、気遣ってくれる相手ならば、親密な関係になりやすいでしょう。

言葉で伝えなければいけない事も世の中には多くありますが、言いずらい事を言わなくても解ってくれる相手はとても貴重です。それが良く知っている男友達だったとしたら、違和感なく恋愛へと関係が進むきっかけにもなるでしょう。

人の気持ちに気づくということは、その人をよく見て理解していないとできない事ですから、恋愛関係に必要な信頼を得る事もできるでしょう。

【スポンサーリンク】

4.異性として扱われた時

 男友達と女友達の関係はとても微妙なものです。純粋に友達との関係を築いていく人もいらっしゃると思います。

そのような関係の相手に、急に異性として扱われたと感じた時、いつもとは違う感情が芽生えることがあるでしょう。異性として扱われるということは、恋愛に発展した時の感覚を一瞬味わうことになるでしょうから、違和感なく受け入れられたのであれば、恋愛相手に変わるきっかけになるでしょう。

また、その相手との恋愛を自然に想像できるのであれば、恋愛相手として成り立つということです。相手からのちょっとしたサインという可能性も高いでしょう。

 

5.2人で過ごす時間が増えた時

 男友達や他の友達と過ごすことが多くても、だんだんと2人で過ごす時間が増えてきた時には、自然に恋愛対象として意識し始めるのではないでしょうか。どこかに出かけるだけではなく、2人の間だけの会話ができる、電話やメールの回数が増えることも意識するきっかけになります。

また、その時々で今までよりも接近したり、手をつないだり腕を組んだりすることもあるでしょう。そういったことは友達の間でも気軽にできる人もいらっしゃいますが、大抵の場合、男友達ならば一定の距離を保っている事が多いはずです。

共有する時間が増えるにしたがって、もっと近づきたいと思うようになれば、恋愛相手に変わることになるでしょう。いくら仲の良い友達でも、自分のテリトリーに入れられない相手もいるのです。

 

6.相手がどこかに行ってしまうかもしれないと思った時

 引越などで相手が遠くに行ってしまうことになった時に、急に自分の気持ちに気づくこともあるでしょうが、遠くに行ってしまわなくても、誰かの恋人になってしまうかもしれないことが分かった時にも、好きと言う気持ちに気づくことがるでしょう。

それまでのように仲良くできなくなる可能性があるのと同時に、誰かにとられてしまうという感情が湧くのであれば、友達以上の好意があり、恋愛相手としてみるきっかけになるでしょう。このような事から、恋愛の駆け引きに使われるアピール方法でもあります。そのような状態にならないと気づかない気持ちもあるのでしょう。

 

いかがでしたか?

男友達から恋愛相手に変わるには、どちらかがきっかけを作る必要があります。友達のままで過ごしているということは、どちらかが恋愛感情に鈍感になっているか、全くその気がないか、またはどちらにも恋愛感情がないかでしょう。

いつも友達として仲良くしている相手を好きになってしまった時は、やはり、それとなく気持ちのアピールをする必要があります。友達の間で告白するのはとても勇気がいるでしょうし、お付き合いするかどうかを決めるのにも覚悟が必要です。友達から恋人になってしまえば、また友達関係に戻りたくても戻れない可能性もあります。友達の時は良い人に見えても、恋人同士になれば違う部分が見えてくる可能性もあります。

しかし、お互いの事を良く知ってからの恋愛関係は上手くいけば一生ものです。好きになったのであれば、後の事まで深く考えずに行動してみるのも良いのではないでしょうか?

 

まとめ

男友達が恋愛相手に変わる6つのきっかけ

1.本人からのアピール
2.異性としての魅力を感じた時
3.落ち込んでいる事に気づいてくれた時
4.異性として扱われた時
5.2人で過ごす時間が増えた時
6.相手がどこかに行ってしまうかもしれないと思った時

LOVEパンダニュース♡
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!

Speak Your Mind

*