恋愛中に好きな男性に言ってはいけない5つの言葉

恋愛中に好きな男性に言ってはいけない5つの言葉

愛中ついつい言ってしまった一言が好きな男性を傷つける事になってしまった…という経験ありませんか?

男性は女性よりも繊細なので、意外な言葉で傷ついてしまう事があります。最悪の場合それが原因で別れる事になってしまうケースもありますよね。

大好きな彼氏とずっと一緒にいる為にも、恋愛中に好きな男性に言ってはいけない言葉を覚えておいてくださいね。



 

恋愛中に好きな男性に言ってはいけない5つの言葉

 

元カレや友達の彼氏と比較する言葉は恋愛中に言わない事

男性はプライドが高いので、恋愛中に他の男性と比較される事を嫌います。特に元カレや友達の彼氏といったあなたの周りにいる男性と比べられるとついついイラッとしてしまうでしょう。

何気ない会話の中で「○○の彼氏は記念日にこんなことをしてくれたんだって」と言われたら、彼が同じような事をしてあげたいという気持ちがあったとしても拗ねてしまってそれが実現しなくなってしまう場合もあるでしょう。

たとえ褒め言葉だったとしても、どこかでまだ自分と元カレの事を比べていると思って気持ち良く受け取る事は出来ません。よく考えてみれば元カノや他の女性と比べられた時は気分が悪くなってしまいますよね。自分が嫌だと思う言葉は好きな男性にも言ってはいけないという事です。

好きな男性にヤキモチを焼かせようとして他の男性を褒めたところで逆効果になるので気を付けましょう。

 

無意識に出てしまう言葉でも男性は傷つく

デート中に突然好きな男性の機嫌が悪くなってしまった事ありませんか?それはあなたが無意識のうちに彼を傷つける言葉を言ったからかもしれません。

例えば「知らなかったの?」と悪気なく言ったつもりでも、男性は「そんな事も知らないの?」というニュアンスで聞こえてしまい、上から目線で馬鹿にされたような気分になり「どうせ俺は物知りじゃないし!」とイジけてしまう可能性もあります。そう思われないためには「私も最近知ったんだけど」など、知らなくて当然という前提で話せばよいでしょう。

一番多いのは「何食べたい?」の質問に対する「何でもイイよ」です。ほとんどの女性が無意識でそう答えていると思いますが、そう答えた事を忘れて食事の席で文句を言ってしまうと「だったら何でもイイって言うな!」と思うのが男性の本音でしょう。また連れて行ったお店で「ここ知ってる!前に来た事あるんだ」と無意識に言ってしまうと、張り切ってお店を選んだ男性の努力を台無しにしてしまいます。もしそうだとしても言葉に出さないのが恋愛のマナーでしょうね。

 

恋愛中ネガティブな言葉は言わない事

 自分に自信がない方はついつい好きな男性にもネガティブな言葉を言ってしまいます。「どうせ私なんて…」と自分を卑下する言葉ばかりだと聞いている方も何だか嫌な気分になり「この人と一緒にいると自分までネガティブになってしまう」と感じるようになります。

また常に他人と自分を比較して「あの人はいいよね…」と自分よりも恵まれている所を見つけてやっかんでいると、一緒にいる男性まで憂鬱になります。羨ましいと思う気持ちを抑える必要はありませんが、それをプラスに考えて「私もこうなりたい!」という言葉なら大歓迎でしょう。

ネガティブなオーラは周りの人に伝染するので、出来れば一緒にいたくないと思う人が多いですよね。同じようにポジティブオーラも伝染するので、恋愛中はいつも明るく笑顔で未来に対する前向きな言葉を心がけると幸せな恋愛につながりますよ。

【スポンサーリンク】

彼氏の友達の悪口は慎む

 恋愛中でも男友達との時間を大切にする男性は多いですが、それで寂しい思いをしているとしても「私あの人好きじゃないな」などという言葉は言わない方が良いでしょう。また彼氏の周りにいるチャラい男友達と「一緒に遊んでほしくないな」なんてうっかり言ったとしても、男性としては腹が立つ言葉でしょう。

男同士の友情は意外に深いので、自分の大切な友達の事を悪く言う言葉は自分自身を否定されているように聞こえます。もっとかまって欲しいと思うなら「たまには私も一緒に行きたいな~」と素直な言葉で表現すれば印象も変わってきますよ。

 

恋愛中の「男のくせに…」は致命傷な言葉である

 男性にとって一番傷つく言葉は恋愛中の彼女から言われるこの言葉です。「男である」事にこだわりの強い日本人男性は特にそうですが、この言葉を言われると自分の事を全否定されていると感じるようですね。

女性も男性に対するイメージが出来上がってしまっているので「男のくせにそんな事もできないの!?」「それでも男なの!?」と反射的に言葉に出してしまう時がありますが、欧米ではこの言葉は立派なセクシャルハラスメントとして成立するようです。

最近は草食系男子が増えていたりと「男らしい」男性が減ってきている傾向にありますが、それだけに男性は「男のくせに」「女々しい」という言葉に敏感になっているのでしょう。

 

 いかがでしたか?

男性が傷つく言葉をいくつかご紹介しましたが、やはり思いやりに欠ける言葉や投げやりな言葉はそのニュアンスが伝わるので相手を傷つける結果になります。しかし言い方ひとつで言葉の受け取り方も変わってくると思いませんか?

恋愛中は相手の事を愛している事を常に意識して話すようにしてみて下さい。同じ言葉でも愛情がこもっていれば聞こえ方が変わるかもしれませんよ。

 

まとめ

 恋愛中に好きな男性に言ってはいけない5つの言葉

・元カレや友達の彼氏と比較する言葉は恋愛中に言わない事
・無意識に出てしまう言葉でも男性は傷つく
・恋愛中ネガティブな言葉は言わない事
・彼氏の友達の悪口は慎む
・恋愛中の「男のくせに…」は致命傷な言葉である

LOVEパンダニュース♡
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!

Speak Your Mind

*