恋愛依存症の人の5つの特徴

恋愛依存症の人の5つの特徴

依存症と言えばアルコールや煙草などをイメージしますが、実は恋愛依存症の方も最近増えてきているようですね。

幼い頃の家庭環境が原因だという説もありますが…恋愛依存症は自覚がないままに知らず知らずのうちになっているのが特徴です。

今回は恋愛依存症になっている人の特徴をご紹介します。果たして自分は恋愛依存症なのだろうか?と思う方は是非自分の行動が当てはまっているかどうか確かめてみて下さいね。



 

恋愛依存症の人の5つの特徴

 

1:尽くしていないと不安になる

 尽くす女性は良いオンナの条件とも言われますが、程度によっては恋愛依存症である事も考えられます。相手のためを思って自分にできる事をしてあげるのは素晴らしい愛情ですが、尽くしていないと捨てられてしまうのではないかという不安感から相手に尽くし過ぎているなら要注意ですね。

純粋に相手に喜んでもらいたくて料理を作ったり身の回りの世話を焼くのは、自分自身もハッピーな気持ちになれる尽くし方ですが、それだけでは満足できずに無理をしてまで尽くしていてもますます不安が募っていくばかりでしょう。

恋愛依存症の特徴として、恋愛している間は自己管理もできないようになってしまう傾向があるので、相手に尽くす事が生きがいになり、最終的にはその人がいないと生きていけないなどと考えるようになってしまいます。

 

2:思い込みが激しい

 恋愛関係になると、相手の事を「この人こそが運命の人に違いない!」と思い込んでしまう人も恋愛依存症と言えるでしょう。たとえ相手に悪い噂があったり浮気されたとしても「あの人には私しかいない!」と友達の助言も耳に入らず、私があの人を変えて見せる!というような人は間違いなく恋愛依存症です。

またメールの返信やコールバックがない場合は「嫌われた…」と思い込んでしまって、しつこく連絡したり問い詰めたり、しまいには何も悪くないのに謝罪のメールを送ったりする人は、いつも心のどこかに「見捨てられたらどうしよう」という不安を抱えています。相手の機嫌を常にうかがって、嫌われないように自分の気持ちを押さえながら恋愛するのも度が過ぎると恋愛依存症と言えるでしょう。

 

3:ネガティブな思考

 どんな依存症にも共通して言えるのはネガティブ思考の人がなりやすいという事です。

恋愛依存症に関して言えば、恋愛をしていないのも不安ですが、恋愛をしていると余計に不安になる要素が増えてしまう傾向があります。

自分に自信がなく、存在価値を見いだせないというネガティブな人は、自分の事を認めて欲しいがために相手に過剰なお金や時間を使って尽くしたり、過剰に束縛すると言った行動にでてしまいます。

恋愛依存症になる方の特徴として「見捨てられるのが怖い」という感情を持っている事が挙げられますが、これは幼少時代に親から見捨てられるのではないかと感じた不安が原因になっていると言われています。実際はそうじゃなくても迷子になったりして不安になった経験がトラウマになる可能性もあるようです。

【スポンサーリンク】

4:「私の事好き?」と確認する

 恋愛依存症の人は相手の表情に非常に敏感に反応します。少しでも普段と違う表情を見せたり、疲れている素振りをするだけで「私のこと嫌いになったんだ」と思い込んでしまうでしょう。

「愛されたい」「認めて欲しい」という気持ちが強いので、拒絶されたり見捨てられる事には非常に敏感で、恐怖心さえ持っています。その為相手に何度も「私の事好き?」と確認をして安心感を得たいのです。

根底には他人に愛される、必要とされる事が自分の存在価値だという考え方があり、異性から好意を持たれるとすぐにお付き合いを始めてしまって失敗する方も多いようです。

 

5:恋愛依存症を克服するには?

 恋愛依存症は一種の病気であると考えられるので、短期間ですぐに克服できるわけではありませんし、今まで通りの毎日を過ごしていては克服できません。

まず最初にやるべき事は視野を広げる事です。普段の生活の中には自分と恋人だけが存在しているわけではなく、家族や友人、同僚など沢山の人も存在するという事に目を向けましょう。

その人達と積極的に関わりを持つようにするのも大切です。誘われたら一緒に出掛け、時には自分からも声をかけてみるなど、恋人と二人で過ごす時間のように楽しめるようになる事をゴールにしてみると良いですね。

それが難しいと感じるなら、何でも良いので自分が没頭できる趣味を見つけるのが良いでしょう。とにかく、恋愛の事を思考から排除できる時間を作る事がリハビリになりますよ。

 

 いかがでしたか?

自分だけは恋愛依存症なんかじゃないと思っている方も多いようですが「依存している」のと「愛しているから」とは紙一重だと思って下さい。

1人でいる時も二人でいる時も幸せを感じる事ができるのが正常な恋愛の形です。少しでも身に覚えのある方は、恋愛依存症になってしまう前にまず自分自身の幸せを大切に考えると良いですよ。

 

まとめ

 恋愛依存症の人の5つの特徴

1:尽くしていないと不安になる
2:思い込みが激しい
3:ネガティブな思考
4:「私の事好き?」と確認する
5:恋愛依存症を克服するには?

LOVEパンダニュース♡
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!

Speak Your Mind

*