恋愛依存症と言われる人の6つのタイプ

恋愛依存症と言われる人の6つのタイプ

あなたの周りには恋愛依存症の人がいますか?恋愛していないと全てがうまくいかなくなる…そんな恋愛依存症になる方にはいくつかの特徴があるようです。

今回は恋愛依存症と言われる人のタイプをご紹介します。これを機会にあなた自身は大丈夫かどうか確認してみて下さいね。



 

恋愛依存症と言われる人の6つのタイプ

 

女性の方が恋愛依存症になりやすい

恋愛依存症になりやすいのは圧倒的に女性の方が多いですが、それには母親との関係に原因があります。

男性は母親から溺愛されて育つ場合が多く、それは異性である息子に対して夫に向けられない愛情を注ぐからだと言われています。よく小さい子供を持つ母親が「やっぱり男の子って可愛い」と言いますが、同性である娘とは違った感情があるからなのでしょう。

母親は娘に対してライバル心に似た感情を持っている事が多く、夫が娘を可愛がることに対しておもしろくないという心理が働きます。もちろん自分の娘なので可愛いという気持ちはありますが、どこかで敵視している部分があり、感受性の豊かな子供ならそれを無意識に感じ取って「私はお母さんに愛されていないんじゃないか?」「いつか私を見捨ててしまうんじゃないか?」という不安を抱えた経験が恋愛依存症に大きく関係していると言われています。

 

感情表現が苦手な人は恋愛依存症になりやすい

喜怒哀楽が表現できない人は、常に人の顔色をうかがっているのが原因です。恋人に嫌われてしまうのではないかと、相手の機嫌を損ねる事がないように自分の気持ちを抑え込んでいるという方は、恋愛依存症になりやすいでしょう。

「ここで怒ったら私は捨てられてしまう…」「本当は嫌だけど彼がそうして欲しいならそうしよう…」など、自分の意見を言う事よりも恋人が自分の元からいなくなる方が辛いと思うのが恋愛依存症です。付き合っている相手に対する思いやりは大切ですが、自分の気持ちを抑えて相手に合わせてばかりいるのは本当の優しさではありませんよ。

 

恋愛依存症の人は自分に自信が持てない

恋愛依存症の人は幼少期に自我がうまく育っていないので、自尊心が低く自分に対する評価が低い傾向があります。「私なんか…」が口癖になっていて、少しでも優しい言葉をかけられるとどんな事でも許してしまう人は要注意です。

また自分に自信がないので、相手の行動が気になってしょうがありません。彼氏の携帯電話はもちろん、SNSをチェックし始めたり交友関係も気になりだして、度を超えると1日に何度も連絡をしないと気が済まなくなります。

恋愛以外に楽しみがないと思っているので、恋人に必要とされることが生きる目的にさえなっているのが恋愛依存症の特徴です。恋愛の他にも楽しい事が沢山ある事に気付く事が出来ないのが原因でもあるようです。

 

モテる男が好きな人は恋愛依存症になりやすい

恋愛依存症の女性は、自分とは正反対のタイプである自信たっぷりのモテる男性を好きになる傾向があります。「お前は俺がいなきゃダメだもんな」などと平気で言うような自信満々の男性は、実は心の奥では見捨てられる事への不安を隠し持っている「回避依存症」と言われるタイプですが、恋愛依存症の女性と回避依存症の男性はお互いに強く惹か合う傾向があります。。

また恋愛依存症の女性の中には、自分と付き合う事で彼を変えて見せる!と思い込んでしまう方もいますが、これは「ダメンズウォーカー」と呼ばれる女性で、彼氏に貢いでしまったりDVが原因となって結果的にうまくいかない場合が多いでしょう。

【スポンサーリンク】

ちょっとした事が気になりやすい人は恋愛依存症になりやすい

恋愛依存症の人は繊細な人が多いので、恋愛中のちょっとした事でも気になってしまいます。

例えば相手からのメールの返信が少し遅いだけで、嫌われてしまったのではないかと不安になり何度もメールしたり謝罪のメールを送ったりして逆効果になるパターンだったり、単に仕事で疲れている表情を見ただけで「自分と一緒にいてもつまらないんだな…」と思い込んでしまいます。

またちょっとした事で罪悪感を感じる方もいるでしょう。これは物事がうまくいかないのは全て自分のせいだと思ってしまう「自虐性」からくる感情で、最終的には「イイ子にしていないと嫌われてしまう」と、見捨てられる事への恐怖感を感じるようになってしまうので、彼氏の要求に対してはとても従順になります。

 

恋愛依存症を克服するには?

もし自分が恋愛依存症ではないかと少しでも感じていたら、まずは自分は必要な人間なんだと信じるようにして下さい。そして一人の時間でも楽しく過ごせるように努力してみて下さい。

恋愛面では、自分から相手を追わないように心がける事です。例えば自分から電話やメールをしないようにして、追うのではなく追われる立場になりましょう。

大切なのは、自分は自分、相手は相手という感覚を持つ事です。恋愛依存症になると恋愛相手に多くを求めがちですが、相手にはそれが負担となってしまうので、無理な部分は諦める勇気を持つ事で気持ちが楽になりますよ。

 

いかがでしたか?

恋愛依存症は心の病と言えるので重症化すると危険な場合もあります。もし心当たりがあるなら、早い段階で克服するのがおすすめですよ。

 

 まとめ

恋愛依存症と言われる人の6つのタイプ

・女性の方が恋愛依存症になりやすい
・感情表現が苦手な人は恋愛依存症になりやすい
・恋愛依存症の人は自分に自信が持てない
・モテる男が好きな人は恋愛依存症になりやすい
・ちょっとした事が気になりやすい人は恋愛依存症になりやすい
・恋愛依存症を克服するには?

LOVEパンダニュース♡
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!

Speak Your Mind

*