産後の体重がなかなか減らない5つのわけ

産後の体重がなかなか減らない5つのわけ

産後の体重が減らないのには、いくつかわけがあります。基本的には、長い時間かけて増えた体重をすぐに元の体重に戻そうと思うのは間違いでしょう。

しかし、いくら時間が経ってもなかなか体重が減らないという方もいらっしゃいます。なぜ、比較的順調に体重が元に戻る方とそうでない方がいらっしゃるのでしょうか?

今回は、産後の体重が減らない場合の理由を5つご紹介します。いがいなところに理由があるかも知れませんよ。



 

産後の体重がなかなか減らない5つのわけ

 

必要な栄養が足りていない

出産後は元気に思えてもダメージがあることを忘れないようにしましょう。産後の身体は栄養をしっかりと摂り、体調の回復をしっかり行うことが重要です。

早く痩せたいからと、食事制限をすることは、その後の体調の回復や身体のバランスを崩す可能性が高くなりますし、授乳をしている方であれば、赤ちゃんへの影響もあるでしょう。

出産してから、子宮が元の状態に戻るまでには3~4週間ほどかかるといわれています。最低でも、この期間はしっかりとバランスの良い食事を心がけ、必要な栄養素を考えて食事を取りましょう。

栄養バランスを整え、子宮を元の状態にすることがその後の痩せやすい身体を作る基本となります。

 

タンパク質不足 

タンパク質は筋肉を作る為に必要な栄養素です。産後は忙しさもあり、炭水化物中心の食事になりがちです。お米は大切な栄養源ですが、それ以外にもタンパク質を率先して摂るようにしましょう。

タンパク質が不足することで、筋肉量が低下します。筋肉量が低下すれば、新陳代謝も悪くなり痩せにくくなりますし、さらに腰回りの筋肉の低下が起きれば、骨盤は歪んだり開きやすくなります。いくら矯正のためのベルトをしようが、整体に行こうが、定位置で骨盤を支える筋肉がなければまた開いてしまう可能性があります。

体重が減らない事も悩みの種ですが、骨盤を支える筋肉量足りていなければ、腰痛を招く可能性もあるのです。

筋肉を付きやすくするためには、植物性よりも動物性のタンパク質を摂ると良いでしょう。時間がなく準備ができないのであれば、簡単につまめる小魚のおやつなどを常備しておくのもオススメです。

必要なたんぱく質を摂っておけば、通常の生活でも筋力は増えます。

 

骨盤の開き 

出産をすることで、骨盤は開きます。しかし、出産後も骨盤が開いたままでいることで、お尻や腰には脂肪がつきやすくなります。脂肪がつけば今度は冷えやすくなり、血行不良のためさらに脂肪がつくことになりかねません。

骨盤の開きを元に戻すために、専用のベルトや整体に行くこともオススメですが、骨盤を正常な位置に安定させるための筋肉造りも行うと良いでしょう。体力の落ちる時ですから激しい運動をする必要はありません。簡単にできる体操のようなものを少しの時間に行ってみましょう。

すぐには体重が減らなくても、骨盤の状態を正しくしておくことで、だんだんと痩せやすい身体になるでしょう。

【スポンサーリンク】

むくみ 

産後の体重が減らない原因にむくみも考えられます。妊娠中の女性の身体は、ほとんどの人が「水太り」をしている状態です。身体の中の水分量は通常の時の1.3倍ですし、血液の量も1.5倍に増えているといわれています。

授乳することにより身体は水分を蓄えようとするため、産後もこの水太りが元に戻らず、継続している可能性があります。むくみがひどい場合は、主治医に相談しておくと良いでしょう。

リンパの流れが滞っている可能性もありますので、軽いマッサージを行ったり、足湯や半身浴を取り入れると良いでしょう。なかなか自分の時間が取れない時期かもしれませんが、気が付いた時や赤ちゃんのお世話をしながら開脚をするなど、ストレッチをしてみるのも良いでしょう。

さらに、暖かい飲み物をこまめに多く飲むことで、身体の水分を排出する手助けになります。

 

ホルモンバランス 

産後はホルモンバランスの不安定な状態であることから、ナイーブ時期が続きます。産後の疲れと共に育児の疲れも重なり、さらに「体重が減らない」というストレスが加われば、余計にバランスを崩しやすくなるのです。

産後の体重が今すぐ減らなかったとしても、今痩せなければもう二度と戻らないという訳ではありません。焦らず、体力の回復と子育てに慣れることが先決でしょう。

その上で、無理なく持続できそうなことを選んで行っていくことが重要です。気にしすぎず、体重の上下に惑わされず、精神と肉体をバランスの良い状態に戻しましょう。

生活が整えば、自然と元の体重に戻る可能性が高いです。特に授乳中はホルモンバランスも不安定です。断乳、または卒乳を目安に整いますので慌てずゆっくりと様子を見ましょう。

 

いかがでしたか?

産後は妊娠中以上に忙しく疲れも出やすいため、心身ともにバランスを崩しやすい時期です。

元の体重に早く戻りたい気持ちもわかりますが、子供が徐々に大きくなり、親子で身体を動かすようになれば、体重を戻しやすくなるはずです。体重の増えた子供を抱いて歩くことや、ベビーカーを押して散歩することで解消できるようになる可能性もあります。その時に脂肪が減っただけでスタイルの崩れを起こしてしまわないように、身体の土台を作っておくことをオススメします。

体内を整えておくことで、その後の体重減少が可能になると思いましょう。

 

まとめ

産後の体重がなかなか減らない5つのわけ

・必要な栄養が足りていない
・タンパク質不足
・骨盤の開き
・むくみ
・ホルモンバランス

LOVEパンダニュース♡
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!

Speak Your Mind

*