潜在意識に結婚のことがある…と感じる5つの瞬間

潜在意識に結婚のことがある…と感じる5つの瞬間

人が普段生活している中で、潜在意識に結婚のことがあるというのはどんな時でしょう?

それは男性と女性によっても違いがあります。女性は様々な理由で結婚を常に意識しているところがあります。

それは周りから、例えば親から結婚することを望まれているからかもしれません。20代になってくると、次々と友達が結婚したり、職場でも結婚について聞かれることがあります。「結婚しないの?」と聞かれるだけで、何か悪いことをしているような気になることもあるのではないでしょうか。男性の場合は、少し違います。男性は潜在的に結婚を自分の義務だと思っている人が多いです。

誰に決められたわけでもないのに、いつかは「しなければならない」と思っている結婚。結婚を意識する瞬間を5つにまとめてみました。



 

 潜在意識に結婚のことがある…と感じる5つの瞬間

 

1.男性が結婚を意識する時

 男性が結婚を意識するのは、仕事をしている時でしょう。社会的に結婚をすれば一人前の男として認められる、という建前を正しいものだと思い込んでいるために、結婚をなくてはならない男の義務だと思うのです。

例えば大きな会社に勤めている男性の場合は特にそういった傾向が強いでしょう。男性社会が根強く残る業界では、家庭を持ってる男が仕事仲間として受け入れられたりもします。

組織の中で出世をしようと考える時、独身だと不安だと思うのは、潜在意識に結婚のことがあるからなのです。

 

2.女性が結婚を意識する時

 女性が結婚を意識するのは、男性よりも年齢的に早い時期である場合が多いです。

10代の初め頃に、女性は親や学校で、または世の中の空気からも敏感に結婚することが女の人生にとって当然のことだというメッセージを感じるでしょう。その時本人が気付かなくても、潜在的には常に「結婚」に向かって進むことが正しいことだ、という意識が芽生えるのです。

大人になって、その意識が現実のものとして浮かび上がってくるのは、学校を卒業して就職する時です。就職をして、いざ今の世の中で仕事をしていくことを考える時こそ、自分の潜在意識に「結婚」の二文字がくっきりと刻み込まれていることを感じるのです。

 

3.子供について考える時

人は多くの場合、自分の子孫を残したいと望みます。子供を持つということ=結婚して家庭を持つ、という図式が当然のもののように頭に浮かんでくるはずです。

しかし実際に子供を持つことと、結婚届に判を押して役所に提出することがどうしてイコールで結ばれるのでしょうか?実際に例があるように、パートナーを持たずに子供を育てている人はいくらでもいるのです。その例を知っているにも関わらず、いざ自分のこととなるとまずは結婚を…と考えるのではないでしょうか?

結婚のどんな部分が子供を育てる上でメリットになるのか、あなた自身と子供の未来のために本当に役に立つのか考えて見てください。子供を持つことを考える時、潜在意識に結婚がやはり根強くあることを感じるでしょう。

【スポンサーリンク】

4.恋人と付き合いが長くなった時

恋人と長く付き合うようになると、自分の望む望まないに関わらず、結婚について考えざるを得ないような事が起きる巡りになります。自分が望まないのに相手がしたがったり、当人たちはそうでもないのに、周りから色々と言われたり、せっつかれたりするということもあるでしょう。

あなたにはそんな気が無かったのに、「孫の顔が見たい」という両親の言葉に心がぐらっと揺れることもあります。もしかしたら直接は言わない無言のプレッシャーがあるかもしれません。

恋愛のゴールは結婚だと、世間は思っています。世間の考え、というものを侮ってはいけません。世間が考えているということは、恋人の潜在意識にも、あなたの潜在意識にもそれはしっかりと刻み込まれています。しかし、あなたの心の声は何と言っているでしょうか。結婚して、人並みの幸せが欲しい、というのはあなたの本当の望みでしょうか?

 

5.恋人との将来を真剣に考える時

結婚を意識する時には、もちろん人が希望を持って感じる時もあります。

結婚をし、2人でひとつになるような夫婦関係を築ければ、人間は1人ではできない、ひょっとしたら自分では想像もできない偉大なことを成し遂げることができるかもしれません。この人と一緒だからできる、ということが確かにあります。

真剣に人を好きになり、恋人と一緒に生きていく将来を考えたら、結婚という選択はあなたの潜在意識の中にあります。結婚は人生で避けては通れない問題です。結婚について考えるなら、自分と向き合わなくてはなりません。愛についてのとても大切な問題です。

結婚について考えらからこそ、人は大人になれるのかもしれませんね。結婚をするにせよしないにせよ、周りの声に惑わされないことが大切です。

結婚とは社会の中にある常識です。常識よりも大切なものがあることを忘れずに考えてみてください。自分の気持ちを実現しましょう!

 

まとめ

潜在意識に結婚のことがある…と感じる5つの瞬間

1.男性が結婚を意識する時
2.女性が結婚を意識する時
3.子供について考える時
4.恋人と付き合いが長くなった時
5.恋人との将来を真剣に考える時

LOVEパンダニュース♡
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!

Speak Your Mind

*