振った後に復縁をする時の5つのテクニック

 振った後に復縁をする時の5つのテクニック自分から振ったにも関わらず、やっぱり別れるべきではなかった…と後から振ったことを後悔してしまった経験がある人は多くいます。自ら振った手前、今更後悔をしたところで遅いとは思っていても、別れてからこそ気付けた大切さが忘れられず、出来ることならば復縁したいと願ってしまうものですよね。

そこで今回は振った後に復縁をしたいと思った人のために、復縁のテクニックについて5つのポイントを紹介していきます。


 


 

 振った後に復縁をする時の5つのテクニック

   

 復縁をしたいと思ったらすぐに行動

 振った後に復縁をしたいと思ったのであれば、出来るだけすぐに行動をしたほうがオススメです。振られた側は振られてしまったショックと、恋人を失ったショックで失意の極みにいることは間違いありません。もし自分が逆の立場だったら…と考えてみると、いつも一緒にいた恋人に振られるのは途方もない悲しみに暮れてしまいますよね。

そのため、振った後の元恋人の気持ちはどんな気持ちにしても自分の方向を向いている可能性が高いのです!振ったことによって傷付けてしまったという事実は変わりませんし、もしかしたらそれに対して怒っているかもしれません。しかし、自分への興味がなくなる前に復縁のために行動をしたほうがチャンスはたくさんあるのです。

振った後に時間を置いてしまうと、失恋の傷を癒やすために新たな出会いを探して駆け巡っている可能性もあり、もしかするとすでに相手がいる可能性だってありえますよね。振ったということは、相手はフリーで誰もが狙える相手なのです。自分の恋人ではなくなったからこそ、復縁を望むのであれば出来るだけ自分への興味がある間に行動をしたほうが、復縁の確率を上げることが出来ますよ。

  

傷付けてしまったことを謝る

 もし自分が振られたとしたら、とてつもなく傷付きますよね。片思いをしていた相手に振られるのと、今まで付き合っていた恋人に振られてしまうのとではわけが違います。想像しただけでもその傷は深く、簡単に消えるものではないとわかりますよね。

そのため、その傷を理解せず、傷付けた事実を無視して復縁を望んでしまうのは逆効果。振った側からすると、つい相手はまだ自分のことを思っているかも…と期待を抱いてしまいがちで、こっちからお願いすれば復縁も余裕かなぁと思ってしまうものです。しかしそんな思いで復縁を申し出たとしても、振られた側は上から目線で偉そうだと感じてしまい、それがきっかけで相手への恋心も一気に冷めてしまう可能性があるのです。

振った事実は変わりませんし、傷付けた事実も変わりません。振った側は自分が振ったから大丈夫と自信を持ちやすいので、そこに注意をしながら傷付けてしまったことを先に謝りましょう。相手が対等な関係だと感じられれば、それだけ復縁の可能性は高くなるのです。

   

どれほど大切なのか、素直に気持ちを伝える

 振られた側からすれば、別れた後にどんなに大切だったか、愛していたかと語られたところで今更なに…?と思えてしまうのは、悲しいことに事実です。自分がもしその立場だったとしたら、なんで早く気づかなかったの?なんで自分を振ったの?と疑問が生まれますし、薄っぺらい言葉に聞こえてしまうのも当たり前ですよね。

しかし復縁を望むのであれば、そんなことは百も承知で言葉を紡いでいかなければなりません。相手は振られたと傷付き、復縁を望もうとする元恋人には疑心暗鬼になっています。付き合っていた時のような信頼関係は皆無で、これ以上傷付きたくないと全力で拒絶をする人だっているでしょう。

その信頼関係をなくしてしまったのは振った自分の責任です。いくら大切か素直に語ったとしてもなかなか聞き入れてくれないと、イラっとしてしまうこともあるかもしれません。しかし相手はそれ以上に傷付き、それでも言葉を聞いてくれているのです。

信頼関係を回復するためにも、嘘偽りないように素直な気持ちで大切なのかを話して、復縁を望みましょう。誠心誠意心を込めて言葉を伝えれば、きっと心を開いてくれるはずです。

   【スポンサーリンク】

まずは仲良くなることを目指す

 もし振った時の状況がトラブルに発展していたり、相手も激怒し感情をむき出していた場合は、いきなり復縁の話を持ち出すとさらに怒り出してしまう可能性があります。考えてみても振った側が復縁を申し込むなんて都合の良い話ですし、誰だって怒りたくもなりますよね。

別れた時の状況によって、いきなり復縁の話を持ち出すことが危険だと感じた場合には、とにかく仲良くなることを目指してみましょう。信頼関係はボロボロですし、当然振られた側である相手は振った側である自分に対して敵意をむき出しにして、全力で拒絶をする可能性もあります。

しかし、復縁をしたいのであればそんな態度に屈しない覚悟も必要なのです。復縁をするということは、恋人関係に戻るという意味です。そんな状態で恋人関係に戻れたとしても何も楽しくはありませんし、ただ虚しいだけ。復縁をする為にも、そして復縁をした後により良い関係を築くためにも、まずは距離を縮めるために仲良くなれるよう接近していきましょう!

  

より自分を磨いてアピールをする

 よく勘違いをしてしまい復縁を拒絶されてしまうパターンなのが、「もう一度付き合ってあげる」という上から目線で復縁を望んでしまうというものです。振った側なので、振られた側が別れ話をしている時に別れに対して拒否をしていたりすると、自分から復縁を望めば相手も喜ぶだろうなんて考えてしまうのです。

しかしそれはまったく逆で、一度自ら手放したからこそ次は自分が選んでもらえるように努力をしなければいけないのです。相手はフリーになっていて、誰を選ぶのも自由です。出来れば幸せな恋をしたいと思いますし、苦い経験があり自分を傷付けた相手と復縁をしたいと思うとは限りません。

振った後に復縁を希望するというのは、よりハンデを負った状態で片思いをするのと同じこと。だからこそより自分を磨いて、魅力的になった自分で勝負をしなければ、他の異性に元恋人を取られてしまう可能性は十分にあるのです。

  

いかがでしたか?

振った後に復縁をする為のテクニックでは、「振った側だからこそ相手に選んでもらえる」という意識を持って行動をするのが重要なポイントです。振った後に再度復縁をしたいと思ったのは、元恋人が魅力的だからですよね。その魅力に他の異性が気付いていて、もしかしたら別れを待ち望んでいた人がいる可能性だってないとも言い切れません。

ただし、相手を知り尽くしているという事実も変わりありません。付き合っていた経験を上手く活かして、復縁が成功するように全力で頑張って行きましょう!

  

まとめ

 振った後に復縁をする時の5つのテクニック

・復縁をしたいと思ったらすぐに行動
・傷付けてしまったことを謝る
・どれほど大切なのか、素直に気持ちを伝える
・まずは仲良くなることを目指す
・より自分を磨いてアピールをする

LOVEパンダニュース♡
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!

Speak Your Mind

*