視線で心理が出ては困る…と思う5つの時

視線で心理が出ては困る…と思う5つの時「目は口ほどに物を言う」と言われるように、視線はあらゆる人間心理を表しています。誰かと目が合った時に「あっ!しまった!」と思った事がありませんか?そんな時は自分の気持ちが相手に見透かされているのではないかと困ってしまいますよね。

今回は視線1つで自分の心理が出ると困るシチュエーションをいくつかご紹介したいと思います。



 

視線で心理が出ては困る…と思う5つの時

 

なぜ視線には心理が出てしまうのか?

 人間は全ての事を脳で考えて行動しています。脳と視神経は直結していて、人間の身体の中でも特に複雑で繊細な器官でもあるので、考えている事が視線に表れるのが普通と言っても良いでしょう。

そう考えれば目を見れば色々な事がわかるのも当然で、口では違う事を言っていても視線で心理を読み取られてしまうのも仕方のない事ですよね。

視線の方向によって何を考えているのかを読み取る事も可能です。左上を見ている場合は記憶を司っている左脳を使っている証拠なので過去の体験を思い出している事が多いですし、右上を見ている場合は想像を司る右脳を使っているので何か考え事をしている場合が多いようですよ。

 

男女では違いがある視線心理

 心理の違いにも男女では大きな差がありますが、視線に表れる心理にも違いがあるようです。

顕著に違いが現れるのが会話する時の視線です。男性は好きな女性の話を聞く時に相手の目をジッと見ますが、女性は自分が話している時に相手の目をジッと見つめます。女性は男性に比べて話す事が好きなので、自分の好きな事をしている時の相手の反応を伺っている証拠でしょう。

好きな人に対する視線にも違いが現れます。男性はとにかく好きな人を良く見るので、大勢の中でも誰が誰を好きなのかすぐにわかってしまうでしょう。それに対して女性は好きな人であればある程あまり見る事ができません。目が合ったからといってその女性があなたの事を好きかどうかは判断できないので、男性の皆さんは早トチリしないようにしましょうね。

 

嘘をついている時

 何か隠し事がある時や嘘をついている時は、視線でバレてしまっては困るのでなかなか面と向かって話すのが難しくなりますよね。後ろめたい気持ちは必ず視線に表れてしまうので、敏感な相手ならすぐに気付くはずです。

基本的に人間は右脳で想像して左脳で現実を見ています。嘘をつく時は必死で想像しているので、どうしても右上を見てしまうんです。

例えば浮気を問い詰められている男性の場合、浮気をした時は右脳で架空のストーリーを考えているので視線は右上にいきますが、何もしていない時は自信に満ち溢れた真っ直ぐな視線のままでしょう。

割と平気でうそをつく事ができる女性に比べて、男性が視線に心理が出て一番困っているのがこの「嘘をついている時」です。それだけ男性が素直だという証拠でしょうね。

【スポンサーリンク】

好意を持っているのを知られたくない時

 特に女性に多い心理ですが、好意を持っている気持ちを悟られると恥ずかしいので視線を合わせようとしません。そのかわり相手が他の方を向いている時は視線をそらす事なくジッ~と見ていたり、何かにつけてチラチラと見る事が多いようですね。

好きな人や興味のあるモノを見る時は瞳孔が開くと言われています。黒目の中にある瞳孔の本来の役割は、暗い時に大きくなり明るい時に小さくなって目の中に入ってくる光の量を調節する事ですが、興味のあるモノに対しては「見たい!」という気持ちから大きく開いて凝視します。

「キラキラした目で見る」という表現が使われる事がありますが、瞳孔が開いた状態だと、瞳が輝いて見える事から言われているのかもしれませんね。

 

緊張を隠したい時

 面接の時や大切な会議、プレゼン中などは自分が緊張している事を隠したいモノですが、なかなか難しいですよね。人は緊張や不安をもたらす対象があると本能的に逃げ出したいという感情が湧いてくるので、その対象をジッと見る事ができなくなります。そんな心理から視線が泳いだり、定まらなかったりするのでしょう。

またまばたきの回数が増すのも緊張心理を表します。通常のまばたきは1分間に20回程度ですが、これを超える場合は緊張している証拠でしょう。まばたきが増えるのは視線をそらしたいという深層心理の表れです。実際にベテラン議員と討論する時の新人議員は、通常の3倍もまばたきをしているそうです。これでは心理がバレてしまいますよね。

 

いかがでしたか?

視線だけで心理が分かってしまう事に驚く方も多いでしょうが、やはり人間誰しも正直で素直な部分があり、たとえそれを声に出さなくても視線の動きに出てしまうのでしょうね。

心理が出ては困る場合は、是非ご紹介したような事を参考にしてみて下さいね。

 

 まとめ

 視線で心理が出ては困る…と思う5つの時

・なぜ視線には心理が出てしまうのか?
・男女では違いがある視線心理
・嘘をついている時
・好意を持っているのを知られたくない時
・緊張を隠したい時

LOVEパンダニュース♡
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!

Speak Your Mind

*