スピリチュアルカウンセラーになるための5つのステップ

スピリチュアルカウンセラーになるための5つのステップ

スピリチュアルカウンセラーという名前をよく耳にしますが、どのような職業か知っていらっしゃいますか?

それは目に見えない部分である、霊能力を使い相談者へのアドバイスをしたり悩みを聞いたりする仕事と言われています。一般的な心理カウンセラーとの違いは、霊的な力を使うか使わないかでしょう。

なじみ深いものの中では「占い師」というのも、ある意味スピリチュアルカウンセラーの要素を持って行っている方がいらっしゃるかもしれません。

では、スピリチュアルカウンセラーになりたい場合、まず何をすれば良いのか、その基本的な5つのステップをご紹介します。



 

スピリチュアルカウンセラーになるための5つのステップ

 

まずは自分で体験してみる

スピリチュアルカウンセラーが実際どのようなことを行っているのかを体験して、よく知っておく必要があるでしょう。プロとして職業にしているスピリチュアルカウンセラーの診断を受けることで、実際の内容も解りやすく、また自分では気づかなかったことに気づく可能性もあります。

プロのスピリチュアルカウンセラーの方でも、他の方のカウンセリングを受ける場合も多くあるようです。やはり、他人の事はよくわかっても自分の事は的確な判断が難しいということがあるのでしょう。

また、いろいろな人のカウンセリングのしかたを見る事によって、学べることも多いはずです。知識を得るためにも、多くのカウンセリングを受けてみると良いでしょう。

 

カウンセリングを根本から学んでおく

いくら霊的な力があったところで、人の心理を深く理解していなければ、それぞれの人への効果的なアドバイスはできません。ただ感じたことを言葉にすることで、その相談者をキズつける可能性もあるのです。

ですから、基本的なカウンセリングについてはしっかりと学んでおく必要があるでしょう。

実際の話、スピリチュアルカウンセラーになる為には資格などは必要なく、自己申告制と言っても問題ないですが、「私はスピリチュアルカウンセラーです」と言ってみたところで、そのカウンセリングの内容がずさんなものであれば、職業としては成り立たないでしょう。

悩みがありカウンセリングに行ったのに、キズをより広げられてしまえば、二度と受けに来ることはないでしょうし、誰かに紹介してくれることもくなります。それ以前に、相談者を悪い方向に導いてしまってはカウンセラーとして失格でしょう。

専門学校や講座などでしっかりと心理学を学んでおくことは、カウンセラーを名乗るうえで重要と言えます。

 

スピリチュアルの要素も磨く

スピリチュアルカウンセラーといわれるくらいですから、霊的な要素を持っていなければ成り立たないでしょう。そのような力を持っていることは基本です。その上に、カウンセリング力を付けることで、スピリチュアルカウンセラーとして活躍できるのです。

スピリチュアルの要素を持っていても、その能力により磨きをかける必要があるでしょう。目に見えないものですから、より確実なものを持っていなければ、相談相手へのアドバイスはありきたりなもので終わってしまう可能性があります。自信を持ってアドバイスしてくれる人でなければ、誰も悩みを相談しに来てはくれません。

【スポンサーリンク】

いろいろな人の相談に乗ってみる

自分の能力を確かなものにするためには、経験も必要です。自分でカウンセリングを受けるのと共に、いろいろな人の相談にのってアドバイスさせてもらうことも、勉強と経験になります。

まずは、身近な人のカウンセリングを行っていくことをオススメします。その結果が良いものであれば、自分がプロになる事への自信がつくとともに、口コミから人の輪が広がる可能性もあります。自信がない人に相談しようと思う人はいません。

徐々に評判になり結果的にしっかりとした仕事として成り立つ、ということもありうるでしょう。どのような仕事でも、そのスキルによって報酬が決まるのです。特にこのような仕事は、クライアントとなる人が良い評判を広めてくれることによって、発展する人気商売のような部分があるのも事実です。

 

経営能力も必要

スピリチュアルカウンセラーとして仕事をしていくのであれば、人としてのコミュニケーション能力も必要であり、また経営者としての能力も必要となってくるでしょう。会社に所属することのない立場で仕事をする場合には、どのようにして仕事として成り立たせるかも重要な事です。

自分を自分でマネジメントしなければなりません。経営者としての総合的なマネジメント能力もある程度は必要でしょう。

 

いかがでしたか?

スピリチュアルカウンセラーになるには、カウンセラーとしての実力と、相談者からの信用、そして経営する力が必要でしょう。霊的な力を持っているからといって簡単にできるものではないといえます。

人を癒すパワーもある程度必要ですし、中にはその癒しを求めてカウンセリングを受けに来る方も多くいらっしゃるかも知れません。また、相談者自身の潜在能力に働きかけるようなテクニックも必要です。

誰かを助けたいという気持ちから、その道に進む人が多いと思います。自分が何を目的として、スピリチュアルカウンセラーになるのかをはっきりとさせ、それを忘れずに道を進んでいくことも大切な事と言えるでしょう。

 

まとめ

スピリチュアルカウンセラーになるための5つのステップ

・まずは自分で体験してみる。
・カウンセリングを根本から学んでおく
・スピリチュアルの要素も磨く
・いろいろな人の相談に乗ってみる
・経営能力も必要

LOVEパンダニュース♡
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!

Speak Your Mind

*