社内恋愛で告白をする時に心に響く5つのセリフ

社内恋愛で告白をする時に心に響く5つのセリフ

社内恋愛は意外に多いといわれていますが、他の出会いのパターンよりも、告白する時には気を使う必要があるでしょう。

その後の仕事への支障や、知られてしまってからの職場の雰囲気の変化、また断られた時の気まずさもあります。特に職場内でのやり取りが密接な相手の場合には、多くの事を考えてから行動に移さなければなりません。

しかし、社会人の出会いとしては一番可能性が高いため、チャンスを逃さないようにしたいものです。

今回は社内恋愛で告白する時についてご紹介します。気になる人が居らっしゃるのならば、告白を考えてみませんか?



 

社内恋愛で告白をする時に心に響く5つのセリフ

 

社内恋愛の告白だからこその「尊敬」の気持ち

社内恋愛で好きという気持ちが高まるきっかけに、仕事ぶりや他人への気遣いや対応、懐の深さを度々目にすることで、尊敬する気持ちが生まれ惹かれていくことも多々あるでしょう。上司と部下の関係としても理想的ですし、特に男性が仕事を意欲的にこなしていく姿に憧れの気持ちを持つことで、好きになる可能性が高いのが社内恋愛でしょう。

他の出会いではなかなか見ることのできない職場での好きな人の行動はより魅力的に見えるものでしょう。

男性への告白も、女性への告白も、尊敬する相手と恋人同士になれるのは幸せな事ですし、告白された相手も認められていると感じ嫌な気はしないでしょう。特に仕事というのは、自分の価値を計るバロメーターになりうるので、わかってくれる相手というのは貴重な存在です。

 

「仕事以外で共に過ごしたい」という思い 

社内恋愛が始まるきっかけは職場でのやり取り以外にもあるでしょう。仕事以外の会話や、一緒に食事に出かけた時の楽しかった気持ちなどがきっかけとなり、好きになる事もあります。

特に社内恋愛では、職場とプライベートをしっかりと分けておかなければならないため、2人の関係を楽しんだり深めたりするためには、仕事以外の時間が大切です。職場での相手も好きだけど、それ以外の普段の時間が楽しく癒されるから一緒にいたい、という思いを伝えれば相手の人間性に惹かれたことが伝わるでしょう。実際、職場とプライベートでは同じ人間でも違った一面が見えるはずですから、その両方が好きなのであれば上手くいくのではないかと思ってもらえる可能性も高いでしょう。

 

「言わずにはいられなかった」という意気込み 

覚悟を決めて、この後どうなったとしてももう言わずにはいられなかった、という真剣な気持ちを伝えるのも良いでしょう。

社内恋愛で告白するということは、かなり勇気のいることですから、相手の気持ちや立場をしっかりと考慮しつつ、環境を整えた上で告白をするのは重要な事ですが、言葉としては、我慢できなかったから言うしかなかったんだと勇気をもって伝えてみると、相手の心にも響くでしょう。

その後が上手くいくか、いかないかはその時までの2人の関係にもよるかも知れませんが、しつこく言い寄ったり他の人にわかってしまうくらいの無我夢中でアピールさえしなければ、言われた相手も嫌な気持ちはしないでしょう。言わずにはいられなかったとしても、冷静さを失ってはいけません。

【スポンサーリンク】

社内恋愛の告白もやっぱりストレートに「好きです」

告白をするのであれば、正直な気持ちが伝わらなければ会話としてサラッと流されてしまう可能性があります。一番わかりやすいのはやはり「好き」という言葉でしょう。

社内恋愛のいろいろな事を考えれば、このようなストレートな告白をする場合は、どの程度相手との距離を縮められているか、相手の気持ちはどれくらい自分に向いているかを把握しておく必要があります。

ほとんど仕事上の会話しかしたことがないのに、いきなり呼び出して告白しても、相手としては迷惑になる可能性が高いため注意が必要です。

正直な気持ちを伝えるのはお互いの関係ができるだけ親密になってからの方がその後の仕事への影響が少なくて済みます。

 

「~の時から」などの惹かれたきっかけを言葉にしてみる

 人を好きになる時、一目惚れというものもありますが、告白の言葉には見た目以外の大切な部分もあった方がより説得力があるでしょう。職場ではいろいろな事が起こりますし、助けられたり助けたり、フォローしあって毎日を過ごすこともありえます。

また、仕事内容以外にも元気をもらえる言葉をかけてもらったり、失敗した時にどのように対処してくれたかなど、仕事上で密接な関係であればより多くの「人として」の対応を見ることができるでしょう。

そう言った所に惹かれたのであれば、素直に言葉にしてみると良いでしょう。自分に対することではなく、周りで見ていて感じたことでも、相手にとっては気づいてもらって嬉しいことである場合がありますし、中身を知ってくれた上での告白はとても嬉しいものでもあります。

 

いかがでしたか?

社内恋愛での告白は仕事仲間から恋愛対象へと変わるきっかけにもなりますが、場合によってはお互いにギクシャクしてしまう可能性もあります。また、上手くいったとしても職場での対応には細心の注意をはらわなければなりませんから、それなりの覚悟は必要でしょう。

しかし、社会人としてのルールをしっかりと守り、周囲の状況を把握できれば、いつもそばに居られるのですから安心感や幸福感も得ることができますよね。

社内恋愛の告白はその後も近くにいる相手にするものですから、成就してもしなくても、その人間性によって状況が大きく変わると考えておきましょう。

 

まとめ

社内恋愛で告白をする時に心に響く5つのセリフ

・社内恋愛だからこその「尊敬」の気持ち
・「仕事以外で共に過ごしたい」という思い
・「言わずにはいられなかった」という意気込み
・社内恋愛の告白もやっぱりストレートに「好きです」
・「~の時から」などの惹かれたきっかけを言葉にしてみる

LOVEパンダニュース♡
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!

Speak Your Mind

*