タロットクロスを選ぶ5つのポイント

タロットクロスを選ぶ5つのポイント タロット占いをした事がある方は多いと思いますが、その的中率に驚かれた方も多いのではないでしょうか? こんなに当たるなら自分でもやってみたい!と始める方も多いようですが、自分で始めるにはまず準備しなければならないモノがあります。 タロットクロスもそのうちの1つで、タロット占いには欠かせないアイテムなんですよ。今回は、タロットクロスを選ぶ時のポイントをまとめてみました。



 

タロットクロスを選ぶ5つのポイント

 

ポイント1:タロット占いとは

一見不思議で独特な絵が描かれている78枚で一組となったカードを使った占いです。占い師がカードをシャッフルしルールに基づいた配置で並べていきますが、そこから偶然に出てきたカードの絵柄によって運命や運勢、質問の答えを導き出します。 タロット占いは、出た絵柄を辞書で調べて答えを出すだけでは意味がなく、占い師がどれだけカードに描かれている運命を読み取る力があるかによって結果がかなり変わってくるので、経験を積んだ占い師に見てもらうのがおすすめです。 タロット占いは「私の明日の運勢は?」のような抽象的な事を占うのには向いていないので、恋愛や健康、人間関係など占ってもらい項目を具体的に絞るとより明確な結果が期待できるでしょう。

 

ポイント2:タロットクロスの必要性

タロット占いをする時、実際にカードを配置する“場”を作るのに必要なのがタロットクロスです。テーブルの上でカードをシャッフルする作業を必ず行いますが、その際にカードが汚れたり、ぞんざいな扱いにならないようにタロットクロスを敷きます。 シャッフルすればクロスがズレるのは当然なので、通常はタロットクロスの下に滑り止めが必要となります。滑り止めがなくてもクロスがずれないと言う方は、もう少し練習が必要だと判断して良いでしょう。 タロット占い師のように慣れた人にとっては、カードを傷つけない効果の他に神秘的なムードを高めてくれて集中力を高めてくれる効果があると言う声もあります。 また自宅でタロット占いをする際は、通常の生活スペースと区別した場所で行う事によってタロット本来の力が引き出せるそうです。食卓行ったり、場所を変えても食べたり飲んだりしながら行うのはおすすめできません。キャンドルやお気に入りのアロマやお香を炊いて空気を浄化した状態で行うのも、集中できるコツでしょう。

 

 ポイント3:素材

タロットクロスの素材として主流なのはベルベット、ベロア、別珍ですが、タロットの滑りなどを考慮すればハイミクロンやクラッシュベロアも良いでしょう。 タロットをシャッフルする場合に、薄いタロットクロスだと安定感が無くなってやりずらくなってしまう事もあるので、なるべく厚めのしっかりとした素材のタロットクロスを選ぶのがベストです。 テーブルに置いてもすべらないけれど、上にタロットを置いたらすべるといった都合の良い布が一番ですね。タロット占い用に作られたモノを購入するのも良いですが、生地屋さんで自分好みの布を購入してカスタマイズしても構いません。中には自分で考えたシンボルマークやイニシャルを入れる方もいるようです。 魔法の道具は自分で作ると一番効果があると言われているので、是非試してみて下さい。

【スポンサーリンク】

ポイント4:色・形

タロットクロスの色は派手な色よりも落ち着きのある色を選んだ方が良いでしょう。柄物もあまりおすすめではありません。実際にタロットカードを並べてみるとわかると思いますが、派手な色や柄がついているとその上にカードを並べた時に、絵柄が見にくくなってしまいます。カードの絵柄がそのまま視界に入ってこないとインスピレーションにも関係してくるので、自分が見て「カードが見やすい」と思えるのが一番良い選び方ですね。 色別の効果を見てみると、紫は霊感や直感を使う場合にパワーをくれるカラーで、紺色は哲学的な知識を極めるカラー、黒は自分のタロット占いに自信を与えてくれるカラー、グリーン系は相手との対話を大事にするカラーです。特にテンションが高い相手との占いの時は赤のクロスにして自分にエネルギーを与えるのも良いでしょう。 大きさはタロットカードを広げるのに十分な大きさが必要です。80cm~1m四方の正方形であればちょうど良いですね。

 

ポイント5:良いタロットクロスとは?

まずはカードとの相性が良いのが良いタロットクロスであるポイントになります。カードが滑りにくかったり、反対に滑らか過ぎるのもベストではありません。色んなタロットクロスを試してみて自分のタロットプレイに合ったクロスを選ぶのが良いでしょう。 カードをシャッフルしている時に皺がよってしまうクロスはもっての外です。テーブルに密着するように安定している事も必須条件ですね。また常に広げて収納できるなら良いですが、折りたたんだりタロットボックスに入れて持ち歩いたりする場合は、折りたたんだ時の皺ができて占いを妨害してしまう可能性もあるので、皺になりにくい素材を選ぶ事も大切です。 既製品を良いですが、ハンドメイドの製品や手作りのタロットクロスを使うと気分的に良いですよ。自分だけのオリジナルなら尚更気分も上がるタロットクロスになるでしょう。

いかがでしたか? 神秘的なタロットクロスの上でカードがシャッフルされる情景が目に浮かんできましたか? 生年月日や星座占いと違い、タロット占いは手相占いと一緒でその時の状況によって結果も変わってくるので、定期的にやっていれば自分の変化にも気付く事ができます。 興味のある方はご自身でも始めてみてはいかがでしょうか?    まとめ

 タロットクロスを選ぶ5つのポイント

ポイント1:タロット占いとは ポイント2:タロットクロスの必要性 ポイント3:素材 ポイント4:色・形 ポイント5:良いタロットクロスとは?

LOVEパンダニュース♡ Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!

Speak Your Mind

*