頭皮のにきびの原因を知り改善する6つの方法

頭皮のにきびの原因を知り改善する6つの方法普段頭皮のケアに気を使っていますか?顔と同じぐらいデリケートな頭皮は、ケアを怠るとかゆみが出たり、時にはにきびができたり、以外と悩ましいものですよね。

でも、頭皮のケアって、なに?何をすればいいのか分からない、という人も多いのではないでしょうか。スキンケアに興味があっても、興味は顔など目に見えるところにいきやすいですよね。

髪の毛で隠れているから、そんなに気を使わなくても…と考えがちかもしれませんが、頭皮のケアは髪の毛の状態にも大きく影響します。原因を知り、頭皮のにきびを改善して健やかな頭皮の状態を取り戻しましょう。



 

頭皮のにきびの原因を知り改善する6つの方法

 

1.頭皮にきびができる仕組み

 頭皮ににきびができるのは、肌のターンオーバーが乱れ、古くなった角質が毛穴につまることから起こります。頭を覆っている皮膚は、顔の皮膚と変わりがありません。

とても繊細なので、洗浄が行き届かなかったり、乾燥してしまったりするとにきびなどの肌荒れとなってあらわれます。

肌細胞は28日かけて生まれて死んでいきます。死んだ肌細胞がきちんと洗浄によって剥がれていかないと、古くなった角質が毛穴に詰まるというら現象が起きてしまいます。

 

2.定期的な髪のカラーリングで頭皮が痛む

 何年もカラーリングを続けている、女性なら美容院で1,2ヶ月に1回は髪を染めている、というのは珍しいことではありませんよね。

この髪を染めるという行為は、やはり頭皮には大きなダメージを与えます。カラー剤はとても刺激の強い成分を含んでいるのです。

分かってはいても、だからといったって髪を染めるのはやめられない、というのが正直な気持ち。もちろんおしゃれしたい気持ちを犠牲にすることはありません。1番良いのは刺激の弱い、ヘナやヘアマニュキュアなど、刺激の弱いカラー剤を使うこと。最近は髪や頭皮に優しいカラー剤が出ているので、カラーにこだわったサロンやオーガニック系のサロンで相談してみてもいいかもしれません。

 

3.ストレスが原因

 体の不調は心の不調。頭皮ももちろん例外ではありません。

そうはいっても体は体、精神の状態が体に多大な影響を与えているのを実は真面目に信じてはいない…という人こそ、要注意。体と心は決して別のものではありません。自分で思っている以上に精神の状態はダイレクトに人間の体にそのまま影響しています。体と心はひとつ、ということがピンとこないという人こそ、心から無理やり切り離された体が悲鳴をあげているかもしれません。

頭皮は毛穴が密集しとてもデリケートな場所です。にきびなどができて頭皮の状態が良好ではないということは、心や自分の内面でおかしい事、間違っている事があるのかもしれません。心の問題を解決すれば、自然と体の状態も回復します。

【スポンサーリンク】

4.シャンプーが合っていない

 頭皮を毎日洗浄しているシャンプーは、とても重要。シャンプーがあっていなければ、頭皮は炎症を起こしたりにきびができたりという状態に。

あまり洗浄力の強いシャンプーだと、必要な皮脂を洗い流してしまう恐れがあります。一般的にノンシリコンのシャンプーや、アミノ酸系のシャンプーは刺激が少なく頭皮にも優しいシャンプーだと言われています。

毎回同じものを使っているから、と言わずに新しいシャンプーを試してみましょう。自分にピッタリのものが見つかれば、頭皮は健康を取り戻します。

 

5.シャンプー以外のスタイリング剤、ヘアケア用品が合っていない

 毎日髪につけるスタイリング剤、仕事で身だしなみを整えないといけないし、しないわけにはいかないこともありますよね。しかし、毎日毎日スプレーで髪を固めたり、ハードワックスをつけていると、髪の毛だけでなく頭皮にも悪影響があります。

にきびが頻繁にできたり、それに伴ってかゆみができているようなら思い切ってスタイリング剤は使用をやめましょう。サービス業などどうしても髪の毛をしっかりセットしないといけないといった場合、代わりに椿油やオーガニック系の商品など、刺激の少ない素材のもので髪の毛を整えましょう。一見髪に良さそうに思えるトリートメント剤で、特に洗い流さないトリートメント系も要注意。これも頭皮に影響があります。見直す対象にしてもよさそう。

 

6.食生活の乱れ

 やはり食生活が体をつくる栄養源。乱れた食生活をしていると、皮脂が過剰に分泌されたり、ターンオーバーの周期が早まってしまったり(または遅くなったり)と体の機能が正常に働かなくなってしまいます。

体にいい生活を・・といいたいところですが、体にいいと言われている食事が、必ずしもあなたにあっているとは限りません。野菜中心の食生活で、頭皮に必要な皮脂が足りなくなってしまい、逆に肌の新陳代謝が乱れるといったことも考えられます。人それぞれ、時期によっても合う食生活は変わってきます。地道に思えるかもしれませんが、これも色々と試してみて、自分にピッタリの食生活を探求していきましょう。

 

いかがでしたか?

髪の毛に覆われているとあまり気にしないかもしれませんが、頭皮の健康状態はあなたの髪の毛にも影響し、美容面にも深刻な影響を与えています。

男性でも女性でも、髪の毛には気を遣うという方が多いのではないでしょうか?頭皮のにきびは肌の新陳代謝の乱れのサイン。早めに気づいて対策をすれば、かゆみやふけ、よりひどい炎症を未然に防げるでしょう。

 

まとめ

頭皮のにきびの原因を知り改善する6つの方法

1.頭皮にきびができる仕組み
2.定期的な髪のカラーリングで頭皮が痛む
3.ストレスが原因
4.シャンプーが合っていない
5.シャンプー以外のスタイリング剤、ヘアケア用品が合っていない
6.食生活の乱れ

LOVEパンダニュース♡
Twitterをフォロー♪


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!

Speak Your Mind

*